注目の記事

正しい方法で半身浴できていますか?


冷えとり靴下と半身浴

「半身浴」今ではすっかりメジャーな健康法の一つになっていますよね。
美容のためにされる方も多く、美しくあるために体を健康に保つ。内側から美しくあることが大切と考えることが一般的になってきました。
多くの方が実践している半身浴ですが、実際に正しい方法でできているでしょうか

半身浴はぬるめのお湯で

水分補給
半身浴は、40度以下のお湯にみぞおちから下の部分だけ浸かります。(温度はぬるめで体に負担をかけません)
両腕はお湯から出しておきます。みぞおちより下の部分のみ入るために、湯舟の中では椅子を入れたりするなど高さを調節してくださいね。時間はしっかり温める20分以上であればいいのですが、そのあとは何時間入ってもOKです。

ただ気を付けなければならないのは、上半身が冷えないようにすることと、水分補給をしっかりすること。出している部分(肩や腕など)が寒いと感じる場合には、タオルを掛けたり、最初や途中で肩までお湯に浸かるなど、気持ちが良いように工夫してくださいね。自分が気持ちよく、リラックスすることが大切です。

20分以上入っていると、体の芯からじんわり温まると、じわっと汗が出てきます。その汗が芯から温まっているサインです。

熱いお湯はNG。じっくりと汗をかいて

足湯半身浴をしてもなかなか汗がかけない人は、普段から十分な水分補給ができていないから代謝が悪くなっているんですね。汗をしっかりかいて老廃物をだすために、水分をとって、体温が上がりすぎてのぼせないように気を付けなければいけません。
また40度以上の熱めのお湯に浸かると、身体の表面だけ温められて、内部はしっかり温められていません。そして皮膚に必要な油分も流れて乾燥しがちになるそうです。

半身浴出来ないような日には足浴でもOKです。冷えた足をゆっくりと温めてあげましょう。

温まった体を冷やさないために

冷えとり靴下正しい方法で入浴をすれば、健康にもダイエット・美容にも疲労回復にも効くそうなのですが、間違ったやり方をすると、脱水症状になったり、冷えが悪化したり肌が乾燥したりと逆効果になりかねません。
また入浴後にせっかく温めた下半身が冷めてしまわないよう、冷えとり靴下で保温することも大切です。
半身浴も冷えとり靴下も、体にとって快適に過ごすことが健康にも美容にも重要なのですね

冷えとり靴下と絹の肌着くらしきぬ|オンラインショップ

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 繕いノート

    冷えとり靴下を繕うときにおすすめの本

  2. オフィス 冷え

    オフィスが寒くてつらい! エアコン冷えの悩みに、おすすめの冷え対策

  3. 白湯の効果

    いまさら聞けない白湯のこと。白湯、飲んでますか?

  4. 男性 冷えとり

    冷えとりボーイ急増中!?男性にもおすすめの冷えとり健康法

  5. 500_osono

    わたしの冷えとりスタイルNo.2 おそのの場合

  6. 01191124_569d9e69a50ae

    寝ながら冷えとり。眠活にとっておきのアイテムはこれ

  7. おすすめの冷えとり本

    冷えとりを始めるときに必ず読んでおきたい!おすすめの本

  8. お湯シャンプー

    気になる湯シャン。いざ実践するには?

  9. spring_hietori

    新しく冷えとり習慣を始めるなら、春がおすすめ!

PAGE TOP