注目の記事

冷えとりファッション2017 〜夏のコーディネート〜


topimg_code

寒い季節の冷えとりは、ファッションとしも取り入れやすいですが
春夏の冷えとりコーデは暑苦しく見えないよう、ちょっとしたテクニックが必要です。

見た目にも重くならず、軽やかなイメージで重ねばきを続けられる、
初夏の冷えとりコーディネートをご紹介します。

流行のアイテムを取り入れたコーディネート

cade_01
流行のウエストリボンのロングスカートは柄物で個性的に。
個性的な柄物も、トーンを合わせたコーディネートなら難しくありません。
夏の冷えとりファッションはロングスカートが、ダントツ1位の大活躍アイテムです。

スカート:BEAMS BOY
靴:NAOT
靴下:すっきりウールカバーソックス(ミックスグレー)

code_05
こちらも流行のキャミワンピ。
甘いブラウスと可愛らしく合わながらも、足元をスニーカーでカジュアルに。
リネン&ウールのカバーソックスが足元を軽やかに見せてくれます。

ブラウス:journal standard
靴:コンバース
靴下:リネン&ウールカバーソックス(すずらん)

天然繊維の素材感が見た目にも涼やか


明るいカラーのリネン100%のワンピースに、リネン混のカバーソックス。
素材の風合いが初夏らしいコーディネートです。
ブラックのサボと合わせれば、柔らかいカラーの膝丈ワンピが甘くなりすぎません。

ワンピース:マリンフランセーズ
靴:NAOTO
靴下:リネン&ウールカバーソックス(すずらん)

code_07
こちらはリネンのガウチョパンツ。
履けば履くほど柔らかく風合いが出るのが天然繊維の醍醐味です。
ボリュームのあるボトムスにすっきりと1枚ばきもできる冷えとり靴下を合わせれば、コーディネートにメリハリが出ます。
靴:ダンスコ
靴下:シルク&ウールお手軽冷えとり靴下/リブ(サンドベージュ)

code_06オーガニックコットンの柔らかいTシャツに、ハリのあるコットンスカート。
肌は見せたくないけれど、軽やかなコーディネートがしたいなら、ひざ下丈のコットンスカートがおすすめ。
ゆったりサイズのカットーソーやシャツを合わせてトップスインすれば、ぐっと抜け感のあるスタイルに仕上がります。

同系色のカバーソックスを合わせれば、爽やかな明るいカラーも取り入れやすくなります。

トップス:mean
靴:nike
靴下:すっきりウールカバーソックス(インディゴ)

番外編:ジャケットスタイルにはホワイトの冷えとり靴下を

code_04

カジュアルになりやすい冷えとりコーデ。
ジャケットスタイルの時には重ねばきを諦めている方も多いのではないでしょうか。
モノトーンのコーディネートにパンプスを合わせれば、ぐっとかっちりスタイルに。

服装の自由度が高い職場なら、ビジネスシーンにもおすすめです。

冷えとり靴下:リネン&ウールカバーソックス(すずらん)

最近はどこに出かけても冷房が強くかかっています。
春夏のうっかり冷えで体調を崩さないよう、一年通してしっかりと冷えとりを続けることが大切です。
夏の冷えとりファッションを楽しんで、無理なく冷えとりを続けてくださいね♪

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 着物でも頭寒足熱。いつも冷えとりを味方につけましょう!

  2. 冷えとりとファッション。重ね履きでもおしゃれでいたい!

  3. シルク 素材

    シルクの下着がなぜいいの?乾燥や敏感肌におすすめの3つの理由

  4. 流行もしっかりおさえた夏のおすすめ冷えとりファッション

  5. 冷えとりと漢方。4つの冷え、あなたはどのタイプ?

  6. 靴下の重ね履きにぴったりな、おしゃれな靴特集

PAGE TOP