冷えとりの半身浴と湯治に通ずるものが…by冷えとりガールズ

Pocket

今日も秋の風でぐぐっと冷え込んだ倉敷。
こんにちは、冷えとり靴下くらしきぬのえびこです。
実はえびこ、ただいまお肌がつるつるなんです~(笑)

先日、えびこファミリーは温泉に旅行に行ってきました!
源泉かけ流し、なにの効果はわからぬまま、つるつるになってきました♪
一泊二日、3回入浴したんですがもっと入りたかった…
そのうち1回は夜中に2時間ほど入ってきました。
ぬるめの温泉だったので半身浴にぴったり!
体の芯までポカポカに温もりながら、温泉内にあった看板をちらり。
泊まっていた温泉旅館では湯治でこられる方もいらっしゃるそう。
その湯治、温泉自体の様々な効能もありますが、ゆったりと温泉に入って体を芯から温める、ということ。
それって、冷えをとるということと通ずるものがあるんじゃないかな~と。

湯治と冷えとり

ちなみにWikipediaで【湯治】を調べてみるとこんな感じでした。
以下、引用。

湯治(とうじ)とは、温泉地に長期間(少なくとも一週間以上)滞留して特定の疾病の温泉療養を行なう行為である。日帰りや数泊で疲労回復の目的や物見遊山的に行なう温泉旅行とは、本来区別すべきである。

湯治についてはかかりつけの医師とよく相談し、目的と効能を明確にしてから行うべきである。できれば湯治先の温泉地にも、医師や看護師などから入浴方法や体調の維持などのアドバイスを受けられる体制が整っていることが望ましい。

Wikipedia【湯治】より

ちょっと違います?
でも、近いような気も…

また温泉に行く際は、湯治っぽく長期間行ってみたいものです。

温まった足を柔らかく包み込む冷えとり靴下はくらしきぬオンラインショップにどうぞ。
http://www.kurashikisilk.jp/

ご購入はこちら

kurashikinu_kanri

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です