冷えとりライフの食べ物の選び方。by冷えとりガールズ

Pocket

こんにちは、冷えとり靴下くらしきぬのえびこです!
昨日のしとしと冷たい雨からぐぐぐっと冷え込んだ倉敷です。

冷えとりをしていると、自分の体に取り入れるものが大きな影響を与えることがよくわかります。
今まで冷えて固まっていた冷たい体の奥。
気づかないうちにガチガチになっていた場所が、半身浴や冷えとり靴下で温まると、
それだけで笑顔の時間が増えています。

えびこはまず、半身浴と冷えとり靴下から始めた冷えとりライフ。
進めるうちに気になったもの、それが食べ物。

皆さんはどんな基準で食べ物を選んでいますか?

冷えとりライフで食べ物を選ぶときに一番の基本、それは”身土不二・しんどふじ”といわれるもの。

『身土不二』
人間身体土地は切り離せない関係にあるということ。
その土地でその季節にとれたものを食べるのが健康に良いという考え方で、明治時代に石塚左玄らが唱えた。
wikipediaより

簡単に言うと、、、なるべく自分の近くの土地で取れたものを食べたほうがよいということです。
その食べ物は農薬や化学肥料は使っていないものを選んでください。
巷にあふれる加工食品も昔からの手作りの物を選ぶようにし、食品添加物・化学薬品などが多量に使用されているものは
出来るだけ避ける方がよいと思います。

元々食べ物には体を温める食品と冷やす食品があります。
(陽の性質と陰の性質と呼ばれているものですね)
冷やす食品ばかり摂っていると、せっかく半身浴などで温めた体が冷えてしまいます。
食事するときは温める食品を9.5割+冷やす食品を0.5割ぐらいが望ましいようです。
ちょっぴり冷やす食べ物も必要なんですね~

主に地面の下や海面の下に生える食品は体を温める効果があり、
葉野菜や果物、肉などは体を冷やす効果があると言われています。

 

d075b8b78800308989065cfa1597e2ed_s

つい、【これはダメ、あれはダメ】とストイックになってしまいがちですが、そうではなく、
バランスよく楽しく食事をすることも大切ですよね。

バランスよく食べるとき、えびこ家でよく登場するのは具だくさんのお味噌汁です。

よく噛んで食べ過ぎず、腹七分!
冷えとりは自分自身の普段の生活をふと立ち止まって省みる機会をくれるもののように思います。

食べ過ぎてしまったら、半身浴を長めにして帳尻を合わせるのもおすすめです。
温もった足はくらしきぬの冷えとり靴下でふんわり包み込んでくださいね。

優しいぬくもりの冷えとり靴下はコチラ。

 

ご購入はこちら

kurashikinu_kanri

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です