半身浴はなぜぬるめのお湯か知っていますか?by冷えとりガールズ

Pocket

半身浴はなぜぬるめのお湯か知っていますか?

冷えとりでは、半身浴で体の芯から温まることが大切だと言われています。
手っ取り早く体を温めるなら、熱いお湯で肩まで浸かった方がいいと思ったこと、
ありませんでしたか?

わざわざ、ぬるめ(38-39℃くらい)のお湯にするには、もちろん!理由があります。

正しい半身浴の仕方、は以前にもご紹介しましたが、その方法で半身浴する理由とは!?

熱いお湯のお風呂に入ると、外側から一気に【うわわわわ---!】と
勢いよく温かくなりますよね。
あちちちっと言うながら温まるお風呂も気持ちはよいのですが、どちらかと言うと、、、
温まるというより、熱くなります。

それはどういった状態かと言うと、、、

お料理で例えるならば、お肉の塊を沸騰したお鍋のお湯にぽっちゃんと入れた感じ。
外側は火が通り、茹でられているけれど中は生のまま。
そう、芯の部分には熱は伝わっていないんですよね。

10ab43d1fa511e268dcbe7a09d9c3fd0_s

そして、熱いお湯での入浴は体にも負担がかかります。

体の中の奥深く、冷たくなった部分の冷えを取る。
そのために、ゆっくりじんわり温まるように、ぬるめのお湯で半身浴を。

今夜もよく冷え込みそうですね。
ゆっくり半身浴、してみませんか?

温まった体は、冷えとり靴下でしっかりぬくもりを閉じ込めてくださいね。

 

半身浴で温もった足を包み込むのにおすすめの冷えとり靴下はコチラからどうぞ。

 

ご購入はこちら

kurashikinu_kanri

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です