隠れ冷え性、戻り冷え性。by冷えとりガールズ

Pocket

隠れ冷え性、戻り冷え性って聞いたことありますか?

冷え性が隠れたり、戻ったり??

風邪をひきやすい、疲れやすい、肌荒れ、アトピー…
体の不調が長引いていることはありませんか。
なかなか回復しない時は「隠れ冷え性」かもしれません。

隠れ冷え性(=内蔵型冷え性)とは、見た目の血行もよく健康そうなのに、自分では気づかない体の中に“冷え”があり、
免疫力が低下して体調を崩すという、自覚のない冷え性のこと。
体調不良がぐずぐず続いている…実は体の内部に“冷え”が隠れているのかもしれません。

以前にもお伝えしましたが、内臓温度が1度下がることによって、基礎代謝は通常の12~15%ほど低下します。
基礎代謝が下がると、エネルギーが体に蓄積されやすくなります。つまり、太りやすい体質になります。

内臓を元気にするためには食事のとり方。たんぱく質が不足していると冷えやすくなりますので、
たんぱく質の豊富な食事をとることが効果的。
生野菜は体を冷やすものが多いので、食べるときは温かいスープなどと一緒に食べましょう。
そして何より、熱を作るためには運動をすることです。熱は筋肉で作られます。
頭寒足熱を心掛け、適度に体を動かすことが改善への第一歩ですね。

9710ccb64d3f227e7acf30f7fb466aaf_s
また、足が疲れていたり、夏の暑い日に無性に手のひらや足の裏が熱くて眠れないってこと、ありませんか。
足の裏の熱、もしかしたら“冷え”からきているのかも…。
そう、ほてりは冷えからきています。

足の裏や手のひらが熱くなる(=ほてり)は「戻り冷え性」といって、血液が心臓に戻れずに滞留してしまうことで
熱が生じて熱く感じること、冷えて血液の流れがなくなってしまうことで熱が集まってしまうことにあります。

冷えが悪化して血液の流れが悪いと脳が判断して、
“もっと熱をそこに集めて血行を良くしなさい!!”
と、命令を出しているからなんですね。

この足の裏の熱をとるために、冷たい湿布を貼ったり、氷水で足を冷やすなんて一番やってはいけません!
むしろ、足湯やマッサージで血のめぐりを良くしてあげるのが解消につながります。
前後屈や体をねじるなどの運動は、体幹を強くして血行促進に大きな効果があります。

早めに冷え性を自覚して、改善する対策をとることが大切ですね。
頭寒足熱をし、【隠れ】も【戻り】も冷えとさよならすることが大切です。

■足元をしっかり温める冷えとり靴下くらしきぬ■

ご購入はこちら

kurashikinu_kanri

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です