からだに優しく寄り添う2種類のインナー

からだに優しく寄り添う2種類のインナー

たとえば外で汗をかいたまま冷房の効いた室内に入ってクーラー冷えをおこす。
からだの冷えの要因となる汗や温度差などにはしっかりと対策をしておきたいものです。
冬よりも体調管理の難しいかもしれないこの時季に、肌着にもこだわればいつもよりもワンランク上の快適な生活が送れるはずです。

くらしきぬがおすすめする、「絹ひとえ」と「絹がさね」の2種類のインナー。
この時季はどっちがいいの?
というようなお声をいただくこともありますので、今回は今おすすめの肌着アイテムをピックアップしました。
1

汗をかく夏場もすっきり快適 - 絹ひとえ -

くらしきぬではシルクとウールのアイテムが多い中、「絹ひとえ」は数少ないコットンを使った素材。
水分をよく吸ってくれるコットンは夏場に最適です。
さらにシルクを合わせることで、しっかり汗を吸ってくれてシルク特有の肌ざわりの良さも欠かさない、
夏にご着用いただきたいインナーに仕上げました。

シルクとコットンの天然繊維を愉しむ“育てるインナー”
1年の中でもっとも汗をかくこれからの季節。肌着は吸水性の良いものを選びたいところ。コットンは天然繊維の中でも汗をよく吸う繊維です。
コットンの吸水性と、肌との相性の良いシルクを掛け合わせた、くらしきぬの肌着の中でも一番夏場におすすめのアイテム。これからの季節に一番おすすめの素材です。

生地は伸ばしたときに薄手。一見、幅が狭そうに見えますが、かなり横に伸びます。
窮屈になることなく体に沿ってフィットし、上着に響きにくい薄さです。

敏感肌の方には縫い糸のチクチク感はたまらなく不快なもの。
肌への刺激を最小限にするよう、縫い糸は肌に当たらない外側にしています。

縫製や細部を丁寧に仕上げ、ストレスフリーな着用感にこだわりました。
筒状に編み立てているので、脇には縫い目なし。
首まわりなどの縫い目は細めに設定しているので、女性らしい繊細なデザインに仕上げています。

洗うたびにふんわり、そして吸水性がさらにアップします。
生地の性質上、縦に縮む生地なので、家庭洗濯での縮みを考慮して丈を長めに設定しています。
商品の良さを最大限に引き出すために、着用前に一度、手洗いでのお洗濯をおすすめしています。その後、繰り返しお洗濯していただく度によりやわらかく吸水性も高まります。
2

あたたかく、そして滑らかな肌ざわり - 絹がさね -

シルクとウールを粗めに編んで、肌着のために開発した素材を使用。
ウールは秋冬素材と思われがちですが、年間を通じて湿度や温度を快適な状態に保ってくれる万能素材です。

納得のいく生地になるまで、時間をかけてでも作りたかったアイテム。

夏でもやさしいぬくもりで包み込んでくれます。
お部屋にいることが多くなり、せっかくの時間を大切に使っていただくためにご着用いただきたい肌着です。

肌側はシルク、外側はウールのくらしきぬオリジナル素材。
粗めの編み方で外側のウールは通気性があり、肌側のシルクはやわらかく滑らかな肌ざわり
空気を含んだ素材は、年間を通して快適にご着用いただけます。

編み方を工夫して空気の層を作って汗による蒸れや汗冷えを防ぎます。
肌側はフラットな編み方で、表側はポコポコとした編み目で変化をつけました。
生地の目の大きさを広めにとり、たくさんの空気が含まれるよう編み立ています。

一番人気は一分丈ショーツ。
お尻をすっぽり包み込むシルエットで冷え対策におすすめ。
上下セットやまとめ買いでちょっとお得になります。

いかがでしたか?
「絹ひとえ」は暑いこれからの季節に汗をきちんと吸ってくれて、夏冷え対策としてご着用いただけるアイテム。
「絹がさね」は夏でもやさしいぬくもりで包み込んでくれるアイテムとして使い分けしていただけます。

他にも今おすすめの肌着をご紹介。