便秘の原因に冷えが関係しているかも!?冷えを改善してお腹もスッキリ!!

みなさんは、”便秘”の原因として何を思い浮かべますか?
「水分不足」「食物繊維不足」などを思いつく方もいらっしゃると思いますが、
実は、冷えが原因で便秘になってしまう可能性があるのです。

以下の項目に当てはまる方は、冷えが原因で便秘になっているかも…。
・お腹を触ると冷たく感じる
・冷たい食べ物、飲み物が好き
・筋肉量が少ない

では、なぜ冷えが便秘に繋がるのでしょうか。


体が冷えると血管が収縮し、体中の血行が悪くなります。
そして、内臓にも血液が回りにくくなり、便を押し出すための大腸の力が弱まって
便が運ばれないまま大腸に滞留し、便秘になってしまいます。

便秘になると、老廃物を体内に溜め込むことになるので、有害物質も全身に巡ってしまいます。
そうなると肌荒れや体臭の原因になり、腹痛、食欲不振、吐き気、めまい、イライラ、不眠などを引き起こす可能性も。
また、便秘で腸内のバランスが崩れると、動脈硬化、糖尿病、高脂血症など生活習慣病の原因にもなりかねません。

様々な症状を引き起こしてしまう便秘は改善するに越したことはありません。
冷えが原因の便秘は、体を温めることで改善が期待できます。
内側からは体を温める食べ物や飲み物を飲みましょう。

▷関連記事:スパイスで身体をあたためる!本格薬膳カレーの作りかたレシピ
▷関連記事:温まってリラックス<体を冷やさない飲み物>

外側からも体を冷やさずリラックス。


また、外からもお腹などを冷やさないことが大切。
体の末端が冷えると腸が冷えやすくなります。
日頃から足元を温めたり、腹巻などをして体を温めてあげましょう。


冷えとり靴下 基本4足セット


はらぱんシリーズ

そして、寝る前はシャワーだけで済ませず、しっかりと入浴することをおすすめします◎
夏場もできるだけ長めの半身浴をして体をリラックスさせましょう。

また、運動など腹筋を鍛えたり、お腹をマッサージすることも便秘の改善に有効です。

腸の冷えは万病の元。
きちんと体を温めて、便秘になりにくいポカポカ体質を目指しましょう!

おすすめ記事