注目の記事

あなたはどうですか?20代女性の気になる体調不良


20代の女性に、現在気になる体調不良について聞いてみたところ
頭痛、肩こり、肌荒れ、生理痛、生理不順、などの回答がありました。
もちろん個人差はありますが、これらの不調を一度は経験したことがありませんか?


20代前半から30代前半は女性の体に大きい変化は無いようです。
30歳前後は女性ホルモンの分泌が盛んで、体力もあり、まさに健康に過ごすことができる時期。
では、なぜ体調不良になるのでしょうか?

そこには「ストレス」が大きく関わっています。生きているだけでストレスがかかるといわれる時代。
ストレスからの月経不順やPMS、うつ病や、頭痛、めまい、動悸など・・・


現代において、ストレスを無くすことは不可能かもしれません。
ならば、上手く付き合っていけるようにストレスに負けない体づくりを。
ストレスに負けない体をつくるには、基本的な生活習慣を整えることが大事です。

まだ若いから、これくらい大丈夫、と思わずきちんと自分の体の声を聞きましょう。
今行動することで、5年後、10年後にきっと違いがでるはずです。

そしてあらゆる体調不良の陰には「冷え」が潜んでいます。まさに「冷えは万病の元」です。
体に冷えがあると、血流が悪くなります。栄養など必要なものは届かず、不要なものばかり溜め込むことに。体ばかりでなく、心まで不調になることも。
女性と冷えの関係は深く、婦人科系の不調や美容にも大きな影響があります。
そして、妊娠出産を迎える方には特に「冷え」について考えていただきたいと思います。

冷えってなに?

上半身と下半身の体温の違い、知っていますか?
下半身は上半身よりも、5~6℃も低いのです。上半身と下半身の体温差から血のめぐりが悪くなるこの状態を「冷え」と呼びます。
上半身には、心臓、肺、胃など発熱する臓器がありますが下半身には発熱する臓器がないため冷えやすくなるのです。

先ほども言いましたが、冷えは万病の元。そのままにしておくとあらゆる病へとつながります。
下半身をあたためて、全身のめぐりをよくすることが大切です。

冷えとりの基本は
・頭寒足熱を心がける
・腹八分の食事で、食べ過ぎない
・心穏やかに過ごすこと

下半身をあたためるために最適なのが、半身浴や足湯です。冷えとりでは、毎日半身浴をすることをおすすめしています。
でも24時間お風呂に入っているなんて出来ません。この半身浴に近い状態にするため、靴下の重ね履きなどをしますが、会社に制服があり重ね履きができないなんてこともありますよね。
そこで、オフィスでも使いやすいものをご紹介します。

シルク&ウール レッグウォーマー 薄手

肌に当たる面はすべてシルク、外側はウールのレッグウォーマーです。
「第二の心臓」とも呼ばれるふくらはぎは、心臓に血液を送るポンプのような役割をしています。
オフィスでもさっと身につけらる便利さです。足だけでなく腕にもお使いいただけます。

シルク5本指 つま先インナー

くらしきぬの隠れた人気者。ストッキングや、タイツの下にご着用いただくシルク5本指つま先インナーです。重ね履きできないときも、こっそり冷えとりを。
ストッキングなど化繊のものを履いたときの蒸れ対策や、汗をかいたときのニオイ対策にもおすすめです。

はらぱん ショートタイプ


子宮や卵巣など集まる骨盤周りをあたためてくれるはらぱん。内側がシルク、外側がウールの二重構造です。
胸下からお尻まで包み込み、ふわふわの手触りは、一度履いたら病みつきです。伸縮性がありフィットするのに締め付けない着用感です。

ショートタイプは、制服のスカートにも合わせていただけます。
その他、ハーフタイプロングタイプもございます。


そして、お家に帰ったらしっかりと半身浴をして足元をあたためましょう。
未来の自分のためにも自分の体と向き合い、楽しい20代を過ごしてくださいね。

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 今年こそチャレンジしたい!天然素材のシルク肌着で快適ライフ

  2. osono

    わたしの冷えとりスタイルNo.2 おそのの場合

  3. 男性 冷えとり

    冷えとりボーイ急増中!?男性にもおすすめの冷えとり健康法

  4. 春の装い先取り!冷えとりコーディネート

  5. お湯シャンプー

    気になる湯シャン。いざ実践するには?

  6. 春の睡眠のススメ

  7. 赤ちゃん

    冷えとりで妊活を応援!天然繊維の”妊活応援セット”

  8. これがポイント!難しくない天然繊維のお洗濯のコツ教えます

  9. 半身浴

    半身浴をもっと楽しもう!<バスタイムの過ごし方オススメ3選>

PAGE TOP