注目の記事

改めて知るシルクの効果と、ベタつく季節におすすめのアイテム


雨でも晴れも曇りでも、いつでも汗と湿気でベタつく肌が気になるこの季節。
何か対策してますか?

さて、シルクが肌に良いのは知っているけど
そもそもどんな効果があるのでしょう。
今回は、改めて知るシルクの良いところをご紹介いたします。

シルクでお肌ケア

シルクは蚕の繭から作られています。
繭には太陽の紫外線を遮り、湿度や気温を適度に保つ働きがあるので、シルクにもその効果が。
吸湿性・保湿性・放湿性・通気性に優れており、紫外線に対しても90%前後カットしてくれるといわれています。

また繭は新鮮な空気を取り込んだり、毒素を吸い取り排出する働きがあり、
内から汚れを出し、外の良くないものは入れないと言ったようなデトックス効果も。

シルクは人の肌の成分に近い約20種のアミノ酸が結合したタンパク質繊維で
人の皮膚や健康にも良いとされ、雑菌の繁殖を抑え抗菌作用も優れているなど、
人の体に良くない影響を与える活性酸素を除去してくれる効果もあります。
またシルクは天然繊維なので化繊と違って静電気が起こりにくく、
熱伝導率が低いので夏は涼しく、冬は暖かい素材なのです。

シルクは着心地もさることながら嬉しい効果がたくさん!
汗ばむ季節、シルクの素材を身に付けて快適に過ごしましょう。

1.くらしきぬ/[羽衣]シルク100%レギンス

なめらかで上質なシルクを使用したストレスフリーなレギンスです。腰まわりはゆったりと、脚はだぼっとしすぎないラインが特徴。

パンツやロングスカートの下に穿いて、汗をかいてもずっとさらっと快適な肌へ。

その他くらしきぬのシルクインナーはこちら


2.くらしきぬ/シルク5本指靴下

重ね履きの1枚目に履いていただく靴下です。
そもそも夏に重ね履きなんて、汗で蒸れたりするんじゃないの…?なんて思ってしまいますよね。
むしろ、シルクのさらっとした履き心地が続き、汗冷えする事なく清潔な足元で過ごせます。

その他くらしきぬの冷えとり靴下はこちら


3.くらしきぬ/シルクはらまき

極細のシルク糸を使用した薄手のはらまき。
伸縮性もあり薄手なので、薄着になるこの季節もアウターに響きません。

その他くらしきぬの腹巻シリーズはこちら

 

 

 

ベタつきが気になる季節、シルク素材のものを身に付けてさらりと快適に過ごしましょう。

 

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. お尻冷え

    油断しがちな、お尻冷え

  2. シルク 素材

    シルクの下着がなぜいいの?乾燥や敏感肌におすすめの3つの理由

  3. あなたはどのタイプ?冷えタイプ別おすすめグッズ

  4. 冷えとりと美容タイトル画像

    冷えとりで感じる、美容にも嬉しい効果

  5. 白湯

    冷え対策だけじゃない!改めて知る白湯の絶大なるパワー

  6. 腰

    そけい部を開放して、めぐる体づくりを。

  7. 妊活中に感じた、私の冷えとりライフスタイル

  8. 子供 風呂

    今日からできる、親子ではじめる冷え対策

  9. 続く残暑におすすめ、初秋の冷えとりコーディネート

PAGE TOP