注目の記事

冷え体質は痩せにくい?温めて痩せ体質になるには腹巻が効果的!



これから暖かくなってくる季節。肌を見せる機会も増えてきます。
気付けば冬で溜め込んでしまった脂肪。
毎年暖かくなって焦ってダイエット!なんてことありますよね。

「冷え体質」だと、どうして痩せにくい?

筋肉は体を動かすもの、という役割の他に体に熱を生み出してくれる働きがあります。
熱を生み出すには、体内の糖質や脂質がエネルギー源となっているので
筋肉量が多ければその分痩せやすくなります。
つまり”体が冷えている人”というのは、筋肉量が少なく
代謝するエネルギーが少ない人と言えます。

どうやって筋肉量を維持したら良いの?

”体が冷えている人”は筋肉量をまず増やす前に維持することから始めてみましょう。
それは日々、筋肉に少しずつ刺激を与え、温めてあげることです。
ストレッチやツボ押しなどで、毎日少しずつでも筋肉に刺激を与えましょう。
そして、体の内側と外側どちらからも温めてあげることが重要です。


▷関連記事:温まってリラックス<体を冷やさない飲み物>
これから暑くなる季節になると、どうしても冷たいものを摂取してしまいますよね。
冷たいものを食べたり飲んだりすることで、消化管が冷え、血流が悪くなり体の冷えに繋がってしまいます。
体を内側から温めるには、まず飲み物にこだわってみるのはいかがでしょうか?

そして外側から温めるには、まず骨盤まわりを温めましょう。
骨盤まわりには上半身と下半身をつなぐ大きな血管が通っているため、体全体の血流にも影響しやすくなります。
また現代人は座っている時間が長く、同じ姿勢でいることで筋肉や血管が圧迫されがちです。
その結果、血流が悪くなり筋肉の働きが鈍くなる傾向にありますが
そういった血流改善に最も簡単な方法が、温めることです。

骨盤まわりを温めることで、お腹まわりもポカポカと温まり
お腹の脂肪も効率よく燃やしやすくなります。


おすすめの腹巻シリーズ

シルクはらまき
◎シルクはらまきシリーズ
極細のシルク糸を使用した薄手で肌あたりの気持ちいい腹巻です。
薄手なのに吸湿・保湿・放湿性に優れているので一年中快適に過ごせます。

◎はらまきシリーズ
内側シルク、外側ウールで二重構造になった腹巻です。
伸縮性がありフィット感も抜群!
天然繊維の吸湿・放湿性で不快な蒸れや汗冷えを防ぎます。

内絹外ウールはらぱん(オフホワイト)
◎はらぱんシリーズ
内側シルク、外側ウールで二重構造になった腹巻パンツです。
縫い目のない立体編みで、これまで感じたことのないフィット感と安心感を実現しています。

ダイエットを始める前に、まず脂肪を燃やしやすくする体づくりからはじめてみませんか?

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 男性 冷えとり

    冷えとりボーイ急増中!?男性にもおすすめの冷えとり健康法

  2. 冷えとり足元

    実はあなたも冷えている!?簡単自己診断

  3. 温まってリラックス<体を冷やさない飲み物>

  4. 健やな毎日を過ごすための良質な睡眠とは?

  5. これがポイント!難しくない天然繊維のお洗濯のコツ教えます

  6. spring_hietori

    新しく冷えとり習慣を始めるなら、春がおすすめ!

  7. 白湯

    冷え対策だけじゃない!改めて知る白湯の絶大なるパワー

  8. 便秘の原因に冷えが関係している!?冷えを改善して便秘もスッキリ!!

  9. 妊活と冷えとり

    妊活中に知っておきたい、冷えとりの事。

PAGE TOP