春の睡眠のススメ

春の睡眠のススメ

 


春は暖かくて気持ちがいいですよね。
「春眠暁を覚えず」と言いますが、春は気候や環境の変化で不調も起こりやすい季節です。
春と睡眠の関係をみていきましょう。

さて、春はどうして眠いのでしょうか。


それは朝晩の気温差が大きく、その変化に体がついていけず自律神経が乱れてしまい、
気だるさや疲労感といった症状が現れ、眠気が強くなってしまうから。

また、メラトニンという睡眠と目覚めをコントロールするホルモンの分泌量も眠気に関係してきます。
このメラトニンの分泌量が冬から春にかけて減少していくのですが、
その調整が上手くいくまでは、冬の名残でメラトニンが多めに分泌されることがあるため、眠気を誘う原因に。


加えて、夜間の眠りが浅くなってしまうことも日中の眠気の原因です。
春は他の季節に比べて気温や気圧が大きく変動するので自律神経が乱れがちで、
快眠ホルモンのメラトニンと、逆の働きをするオレキシンという神経物質の分泌バランスが変わりやすくなり、眠りに影響が。
日の出の時間が早まることで体内時計が乱れやすくなり睡眠不足になりやすいとも言われています。

では、しっかり睡眠をとるにはどうしたらいいのでしょうか。


まず体内サイクルをきちんと整えましょう。
朝カーテンを開け日の光を浴び、朝ごはんをきちんと食べましょう。
太陽の光を浴びることで体内時計が正常にリセットされます。
日中はなるべく活動的に。
もしも眠くなったら15分ほどの昼寝がおすすめです。

夕方からはリラックスを心がけましょう。
夜はぬるめのお湯で、自律神経の乱れを整えて。

 

春は意外に冷えやすい季節。
冷えは睡眠の質を落としてしまうので、日中から体を温めてあげることも大切です。
足元からしっかり靴下を履くことや太い血管が通っているお腹、腰などを腹巻などでしっかり温めてあげることで冷え対策になります。

冷えとり靴下 基本4足セット 4,936円(税込)|くらしきぬ

 

はらぱん / ショートタイプ 6,966円(税込)|くらしきぬ

 

せっかくの気持ちの良い季節。
冷えにも気をつけてぐっすりと睡眠をとり、スッキリ過ごしたいですね。

からだカテゴリの最新記事