注目の記事

秋の冷えとりファッション 2017


秋の冷えとりファッション

肌寒い朝晩の気温差により、体調を崩しやすい季節『秋』です。
日中の暑さについつい薄着のまま過ごしてしまいますが、日が落ちた後の急な冷え込みには気をつけたいものです。

晩夏から秋におすすめの冷えとりコーデをご紹介します。
ファッションでも、冷えとりでも、一足早く季節を感じるコーデを楽しみましょう♪

流行のカラーを取り入れたコーディネート

秋コーデその1流行の寒色系アイテムをナチュラルテイストにうまく取り入れたコーディネート。ベージュ&オートミール系のカラーとの上級者コーデです。
ダンスコのオイルドブラウンと新色のカバーソックス(ツユクサ)の風合いのあるカラーの相性が◎

シャツコート:merlot
ボトムス:SM2
靴:DANSKO(Antique Broun Oiled)
靴下:しっかりウール(ツユクサ)

秋コーデその2秋冬も人気のワイドボトムス。冷えとりガールにはワイドボトムスの流行は嬉しい限りです^^
トップスもリラックスサイズで合わせながら、足元はレザー×木目ソールできちんと感をプラスして。
ベージュのカバーソックスはどんなコーデにも合わせやすく足元も重くなりません。

シャツ:無印良品
靴:DANSKO
靴下:しっかりウールカバーソックス(ベージュ)

ホワイト×カーキで定番の秋コーデ

秋コーデその3

まだ暑さも残る晩夏から秋にかけて活躍してくれるのがこのカラーの組み合わせ。
ぐっと秋らしさを感じさせてくれるカーキのボトムスは夏から長く楽しめるアイテムの一つです。

ワンピース:studio CLIP
パンツ:JOURNAL STANDARD
靴:DANSKO
靴下:しっかりウールカバソックス(ライトグレー)

 

秋コーデその4
7分袖の短めトップスに前上がりのロングスカートを合わせて。
少し肌が見えることで暑さが残る初秋もさらりとボリュームのあるコーデが着こなせます。
ニーハイのカバーソックスをたるませて履けばレッグウォーマーのようなシルエットに。

靴:NAOTO
靴下:ニーハイカバーソックス(すずいろ)近日発売予定

エプロンワンピは秋も大活躍

秋コーデその5エプロンワンピタイプのオーバースカートはインナーの合わせ方次第でオールシーズン活躍する、冷えとりファッションの強い味方♪
インナーを流行のチェック柄に差し替えて、足元もスエードタッチに衣替え。
ベージュのコットンバックがいいアクセントです。

バッグ:CLASKA
靴:BIRKENSTOCK
靴下:すっきりウールカバーソックス(黒蜜)

オフィススタイルも

秋コーデその6

ベーシックなオフィススタイルにも、ワイドタイプのスラックスに冷えとり靴下を合わせられます。
かっちりとしすぎず、なおかつナチュラルになりすぎない、このコーデなら職場でも冷えとりを取り入れられます。

靴:BIRKENSTOCK
冷えとり靴下:すっきりカバーソックスソイミルク

濃いめのデニム×キャメルの膝丈スカート

夏っぽさが残りやすいデニムも、濃いめカラーをチョイスし、キャメルと合わせれば一気に秋を感じるコーディネートに。グレーのソックスでトーンをあげて重くなりすぎないのがポイント。
冬が近づいたら、ダウンベストとレギンスを合わせでもいいですね。

シャツ:niko and
スカート:無印良品
靴:DANSKO(Antique Broun Oiled)
靴下:しっかりウールカバーソックス(ライトグレー)

 

ファッションが一番楽しめる季節、秋。厚手のアウターもいらず、重ね着も暑くない。
レイヤードや、丈感でのコーディネートが様々に試せるこの季節に、冷えとりファッションをもっと、もっと楽しんでくださいね。

心地よさとお洒落、どちらも手に入れられる冷えとりコーデ。
ぜひ、チャレンジしてみてください^^

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 冷えとりとファッション。重ね履きでもおしゃれでいたい!

  2. 2017夏の冷えとりファッション

    冷えとりファッション2017 〜夏のコーディネート〜

  3. 男性 冷えとり

    冷えとりボーイ急増中!?男性にもおすすめの冷えとり健康法

  4. 着物でも頭寒足熱。いつも冷えとりを味方につけましょう!

  5. シルク 素材

    シルクの下着がなぜいいの?乾燥や敏感肌におすすめの3つの理由

  6. そけい部を開放して、めぐる体づくりを。

  7. 靴下の重ね履きにぴったりな、おしゃれな靴特集

  8. 白湯の効果

    いまさら聞けない白湯のこと。白湯、飲んでますか?

  9. 冷えとりと漢方。4つの冷え、あなたはどのタイプ?

PAGE TOP