注目の記事

今話題の冷えとり靴下って?健康や美容にもおすすめ!冷えとりのすすめ


秋から冬にかけて、毎年のようにTVや雑誌で取り上げられるようになった冷えとり靴下。
綺麗な女優さんやモデルさんたちが、こぞって始める冷えとりとは!?
たくさん靴下を重ねるというのは何となく知っているけれど、
詳しいことがわからなくて始めるに始められない…という方に冷えとりの基本から、
おすすめの靴下のブランドまで!ご紹介します。

そもそも冷えとりとは?

500_zukansokunetu

『冷えとり』の冷えとは、冷え性の冷えとはちょっと違うのです。
実は、この《冷え》とは上半身と下半身の温度差のこと。臓器がある上半身は熱を持ちやすいですが、下半身は冷えやすく、5℃ほどの差があると言われています。この温度差によるめぐりの滞りで更に冷えが起こり、不調につながると考えられます。
半身浴や足湯、靴下の重ね履きで頭寒足熱(東洋医学の考えかた。上半身を涼しく、下半身を温める)を心がけ、この温度差を解消することで、体調を整え、健康に過ごすというものです。
冷えは万病の元。冷えを解消することで様々な不調が改善、予防されると言われています。

冷えとり健康法は、元医師の進藤義晴先生が提唱したもので、1988年に『万病を治す冷えとり健康法』という著書を出版したことで多くの方に知られるようになりました。靴下の重ね履き以外にも、食事を腹7分目、体を温める食材を口にする、心穏やかにすごす。など、健康に過ごすための方法が紹介されています。

冷えとり靴下とは?

冷えとり靴下基本の4足冷えとり靴下とは、絹(シルク)の靴下と天然繊維の靴下(ウール、綿、麻など)を交互に重ねて履く靴下のことで基本は4枚以上とされています。絹→ウール(綿)→絹→ウール(綿)と重ねることで、排出された汗などを外に送り出すことができ、重ねた繊維に空気の層ができるため、しっかりと保温されるというものです。
最初は、それだけで本当にあたたかいの!?とも感じますが、絹は肌と同じタンパク質でできているため肌に優しい上、非常に保温性が高く、吸湿性に優れています。その絹が吸ったものをウールがしっかりと吸い上げ、次の絹に送るので汗冷えもしません。ウールはゴルフウェアに使用されるほど吸放出性に優れた素材。これを交互に重ねれば、常に足湯に浸かっているような快適な足元を作ることができるのです。

絹の肌触りの良さはよく知られていますが、意外と知られていないのが保温性。絹糸の真綿を手の甲に乗せると、発熱しているかのような暖かさを感じます。しかしこれはもちろん絹が発熱しているのではなく、手の甲が発散している熱を、しっかりと保温してくれているものなのです。

肌トラブルや様々な不調にもいい?

シルクの優しさシルクはスキンケア商品に使われるほど、肌に優しいもの。皮膚のトラブルやアトピーなどの疾患がある方が、シルクなどの天然繊維を身につけるというのは、よくあることですが、冷えとりをしてこれがよくなったいうエピソードもあるようです。
また、婦人科系の悩みから布ナプキンや冷えとりにたどり着く方も多いようです。妊活で体質改善に取り組んでいるの中にも、この冷えとりを取り入れている方もどんどん増えています。これだけ長い間、多くの方が実践し、伝え、続けているということは、体質や体調にお悩みを持つ方にとっては、是非一度試してみたい健康法の一つですね。

美容にもいい?

冷えとりと美容女優さんやモデルさんの中にも実践していると公言されている方は多いですが、半身浴やマクロビと同様に、美容法の一つとして取り入れていることも多いようです。冷えが解消されるとめぐりが良くなり、老廃物の排出も進むため、肌の調子が整います。また、腹7分目を意識したり、基礎体温が上がり代謝が良くなることで、健康的なダイエットとしても注目されています。特に足のむくみなどには、とても良いようです。
冷えとりを実践している方のほとんどが実感するのは、かかとがツルツルになること。靴下を重ねることで、摩擦や乾燥を防ぎ、絹でケアされるので綺麗な足元になるようです。

冷えとり靴下の履き方

1枚目は絹の5本指、2枚目がウール(天然繊維)の5本指、3枚目に絹の先丸靴下、4枚目にウール(天然繊維)の先丸靴下。そして5枚目以上重ねる冷えとり上級者の方は更に絹(先丸)→天然繊維(先丸)と10枚以上重ねます。
ポイントはたくさん重ねても締め付けがないものを選ぶこと。せっかく温めても、締め付けてめぐりを妨げては意味がありません。

冷えとり靴下 基本の4足の履き方動画

冷えとり靴下を実際に始めてみよう

冷えとり靴下と絹の肌着 くらしきぬ

冷えとり靴下と絹の肌着くらしきぬ
2人のママ友から始まった冷えとり靴下のブランド。商品はすべてオリジナル。絹と重ねる天然繊維にウールを選んでいるのが特徴です。デザインやカラーも豊富で、おしゃれも楽しみたい冷えとりさんたちに人気です。

吉田羊さんがブログで、くらしきぬのロングはらぱんという商品を履いていると紹介されています。

急に冬まっしぐら!!
みなさん、風邪などひいてませんかにょ?
冷えとりやってしのいでますかにょ?
最近、私は「くらしきぬ」さんのロングはらぱんにハマっておりまして。
日ごと寒さ増す折り、非常に保温性が高くぬっくぬくで、命救われております。(←大げさ)
引用元:吉田羊OFFICIAL BLOG 放牧日記『さむいっ!!』

そのほか、全国のセレクトショップや雑貨店でも取り扱いがあります。
くらしきぬ取り扱い店舗
冷えとり靴下は履きたいけど、おしゃれも諦めたくない。という方に好評のシンプルなデザイン。

基本の4足セットから、内絹外ウールと呼ばれる2枚履くだけで4枚分の重ね履きができる商品、手軽に一枚で履けるものや、前出のはらぱんなど、もともとの冷えとりさんならずとも、美容や健康に敏感な女性のおすすめのシルク製品のブランドです。

自分のからだと向き合い、自分の本来の健康や美しさを見つめ直すために今年こそ、冷えとり靴下を試してみてはいかがでしょうか。

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 寝ながら冷えとり。眠活にとっておきのアイテムはこれ

  2. 妊活中に感じた、私の冷えとりライフスタイル

  3. 子供の冷え

    夏こそ気を付けたい子供の冷え。体を温めて子供の心も穏やかに。

  4. 粗塩

    冷えとりに欠かせない、半身浴にオススメの入浴剤

  5. オフィス 冷え

    オフィスが寒くてつらい! エアコン冷えの悩みに、おすすめの冷え対策

  6. osono

    わたしの冷えとりスタイルNo.2 おそのの場合

  7. 白湯の効果

    いまさら聞けない白湯のこと。白湯、飲んでますか?

  8. 繕いノート

    冷えとり靴下を繕うときにおすすめの本

  9. 冷えとりで眠活

    冷えとりで質の良い睡眠を…

PAGE TOP