注目の記事

冷えとりで質の良い睡眠を…


冷えとりで眠活
布団が恋しい季節になりましたが、朝方布団からすっきり出られないのは
気温のせいだけではないかもしれません。
冷えとりで質の良い睡眠を取ることができれば、朝の目覚めもすっきり心地よくなるはずです。

冬は布団から出られない……

冷えとりの冬の目覚め
あったかい布団から出られない、、、なんて朝が増えてくる頃ですね。
冬に布団から出たくないと感じるのは、やはりお部屋の温度が低くなってしまっているからですよね。
しかし、質の良い睡眠がとれて、寝ている間に冷えからしっかり守られていれば、少し違った朝が迎えられるかもしれません。

温活は眠活!?

suto-bu
寝ている間に布団がずれてしまって、ぶるっと目がさめる。冬の間はよくあることですよね。
『冷え』が原因でのぼせが起き、布団を蹴ってしまっている方もいるかもしれません。
冷えとりは、下半身を温めることにより上半身との温度差を解消し、体の巡りを整えます。
巡りのためには締め付けもNG。これらは質の良い睡眠にもとっても大切なことなのです。

冷えとりで快適な睡眠時間を

冷えとり靴下4足セット
半身浴から上がって、冷えとり靴下を履くと体の芯から温めた体温がそのまま保温されます。
お布団に入る際には湯たんぽでじんわり温めるので足元が冷えてくるのを防ぎます。
そのまま自分の体温を保ちながら睡眠に入ることで、ずっと快適な状態が続くのです。

睡眠中、体は熱を放出する

体は睡眠中、熱を放出します。それをしっかりと保温してあげることで冷えを防ぐことができます。
また、冷えとりをして体を冷やさないことで、自律神経のバランスも整うため睡眠の質も良くなるのです。
ここで過度な暖房をかけると、熱くなりすぎて汗をかいてしまい体が冷えてしまったり、
素足で眠ってしまうと熱が放出されて、冷え切ってしまったりしまいます。
これにより、ぶるっと寒さで目が覚めてしまうのですね。

お休み中におすすめの冷えとりアイテムはこちらでご紹介しています。

寝ながら冷えとり。眠活にとっておきのアイテムはこれ

冷えとりで健やかな朝を
冷えとり靴下や湯たんぽを使用して、良い睡眠と気持ちの良い目覚めを手に入れましょう。
早速今晩から試してみませんか。

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 繕いノート

    冷えとり靴下を繕うときにおすすめの本

  2. 子供の冷え

    夏こそ気を付けたい子供の冷え。体を温めて子供の心も穏やかに。

  3. 冷えとり靴下

    冷えとりをしたらどう変わる?くらしきぬに寄せられた冷えとりの効果をご紹介

  4. 粗塩

    冷えとりに欠かせない、半身浴にオススメの入浴剤

  5. 白湯の効果

    いまさら聞けない白湯のこと。白湯、飲んでますか?

  6. 体温と免疫力

    体温が1℃下がると免疫力が低下する!?あなたの体温は?

  7. おすすめの冷えとり本

    冷えとりを始めるときに必ず読んでおきたい!おすすめの本

  8. ウールの靴下

    ウールは夏に涼しい!?夏に快適に冷えとりするために知っておきたい素材の話

  9. 新しく冷えとり習慣を始めるなら、春がおすすめ!

PAGE TOP