注目の記事

温まってリラックス<体を冷やさない飲み物>


冷え性を改善したいけど、何から始めたら良いか分からないというお声を良く伺います。
そんな方は、まずは口に入れるものから見直してみてはいかがでしょうか?
中でも飲み物は手軽に始めることができるので、おすすめですよ。

冬は温かい飲み物をすすんで飲んでいると思いますが、
夏は、どうしても冷たいものを口にしてしまいますよね。
暑いからといって、冷たいものを食べたり飲んだりしてしまうと、消化管が冷え、血流が悪くなり体が冷えてしまいます。
冬はもちろん、年中体温以上の温度の飲み物を口にするよう心がけましょう。

では、体を温めるおすすめの飲み物についてご紹介していきます。

1.白湯
なんといっても、手軽です。
白湯は、水を沸騰させて、少し冷ましたお湯のこと。
消化・吸収をよくして、代謝をアップさせてくれます。
さらに、女性に嬉しい、美肌やダイエット効果も期待できる優れもの。

参考記事:冷え対策だけじゃない!改めて知る白湯の絶大なるパワー

2.しょうが湯
みなさんご存知の通り、しょうがは体を温めてくれる食材です。
しょうがには、「ジンゲロール」という成分が含まれており、
温めることにより一部変化して「ショウガオール」という成分になります。
「ショウガオール」は、熱を作り出して体の芯から温める働きをしてくれます。
しょうが湯の作り方は簡単。お湯にすりおろしたしょうがを入れるだけ。
そのままでは飲みにくい方は、はちみつをプラスすることで飲みやすくなりますよ。

3.ほうじ茶
ほうじ茶は、茶葉を焙煎したもの。
ほうじ茶には、「ピラジン」という成分が含まれており、血行を促進する効果があります。
カフェインも少なく、ほうじ茶特有の香りで、リラックス効果も。

4.紅茶
紅茶は、製造過程で茶葉を発酵させています。
発酵食品には、体の代謝を良くする酵素が含まれているので、酵素のおかげで身体を温めてくれるのです。
さらに、紅茶にしょうがを入れることで、新陳代謝をあげてくれます。

5.甘酒
「飲む点滴」といわれるほど、栄養豊富で健康効果の高い飲み物。
紅茶同様に、甘酒は製造過程で発酵しているので、体を温めてくれます。
また、ビタミンB群が多く含まれるので、血行と代謝をアップさせ、肌荒れやシミ、くすみなどにも効果的です。

いかがでしたでしょうか。
ぜひ、みなさんも普段の生活に取り入れやすい飲み物で、体の中から温めてみてくださいね。

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 体温と免疫力

    体温が1℃下がると免疫力が低下する!?あなたの体温は?

  2. 目指そう!冷え知らずの衣・食・住

  3. お湯シャンプー

    気になる湯シャン。いざ実践するには?

  4. mata

    わたしの冷えとりマタニティライフ

  5. 寝ながら冷えとり。眠活にとっておきのアイテムはこれ

  6. 夏こそ冷えとり!?クーラー病にご注意を!

  7. 基礎体温は、自分の体の大切な情報。

  8. ウールの靴下

    ウールは夏に涼しい!?夏に快適に冷えとりするために知っておきたい素材の話

  9. 冷えとり靴下

    冷えとりをしたらどう変わる?くらしきぬに寄せられた冷えとりの効果をご紹介

PAGE TOP