注目の記事

マクロビってなに?冷えとりさんに知ってほしい食事法


冷えとりとマクロビ

冷えとりを紹介したりおすすめしたりする場で同時に目にすることが多いのがマクロビオティックについてのお話ではないでしょうか。合わせて実践していたり紹介している方が多いこの言葉。なんとなく体に良さそうな雰囲気が漂っていますが、結局どういうこと!?という方に、わかりやすくご紹介します。

マクロビオティック、通称マクロビ

マクロビオティック (Macrobiotic) は、第二次世界大戦前後に食文化研究家の桜沢如一が考案した食事法にないし食生活法である。名称は「長寿法」を意味する。玄米を主食、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本とし、独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える食事法である。
引用元:マクロビオティック『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』

雑穀とても複雑な考え方のようですが、実はとてもシンプルで自然本来のもつ性質に合わせながら健康的に生活するというものです。一般的にもよく知られる玄米ご飯を中心にした食事など、最近提唱されている健康食に関するルーツがたくさん詰まっています。

具体的に言うならば、玄米ご飯などの穀類を中心に野菜、海藻などその土地のもの、またその季節のものを摂ることが基本になります。なるべく動物性のもの(お肉や卵など)をさけ、もちろん農薬の使用や添加物にも気をつけることが理想的です。お砂糖も控えた方が良いと言われています。

2つの原則

マクロビオティックにはわかりやすく2つの原則があります。
それが以下の身土不二一物全体
読んで字の如くなのですが、わかりにくいので以下でわかりやすく説明します。

身土不二

身土不二生まれた土地や暮らす土地でできるものを食べることです。暑い地域でとれるものと寒い土地でとれるものにはそれぞれ水分量や成分など、体を冷やす性質、体を温める性質があります。その土地季節にあったものを食べることで、自身の体もその土地季節に合わせるという考え方です。頭のてっぺんから足の先まで、人の体は食べたものでできているということに改めて気付かされます。

一物全体

一物全体その食材を丸ごと食べるということです。葉や皮、根など、丸ごと一緒にたべることで食材本来のバランスが取れるという考えです。スーパーで手に入れられる食材はそのほとんどが使いやすい部分だけに綺麗にカットされてしまっていますが、近くに八百屋さんなどがない場所でも、今は通販などで近隣の無農薬の野菜などが手に入れられる方法もあります。

全ての物に陰と陽がある

この2つの原則に”陰陽調和”という東洋の伝統的な考えを交えたものがマクロビの基本です。これは冷えとりでも交えられていますよね。体を温めるものは陽、冷やすものは陰。色でも判断しますし、一つのものの中でも分かれていたり、人の体質までも分類されます。調理法にもあるので、食材に合わせて料理します。知識を深めて行きたい魅力がいっぱいですね。

何でもマクロビメニューに注意。

マクロビメニュー今ではマクロビの献立も共有サイトですぐに手に入れられたり、料理本も多く出ています。

ただし、マクロビはその土地・季節に合わせたものを摂ることですからマクロビと名のつくメニューが何でも良いのではないと覚えておいてください。あなたに、今、合うものを合う方法で摂ることが本来のマクロビオティックなのです。

共通して取り入れられるのが、主食の穀類は食事量の半分ということ、食材は丸ごと使う、動物性の物は控えるということです。おかずの量が少ないのが特長です。

冷えとりとマクロビオティック

 “マクロビダイエット”という言葉がブームになり、海外からのものかと思っていた方も多いのではないでしょうか。実は戦後に日本人が考案したものなのです。マクロ(大きな)ビオ(生命)ティック(術)は健康的に生活するためのライフスタイルなのです。近年日本人の食生活の欧米化が問題視されることもしばしば。自分が自分らしくあるために、心もそうですが体も本来の自分が求めるものにきちんと答えてあげることが大切です。ダイエットのために活用されるのもいいですが、日々を健やかに過ごすため、冷えとりをしている方にこそ、是非知っておいていただきたい“マクロビオティック”です。

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 口内炎の原因は?食べ過ぎやストレスを自覚して、体からのサインを見逃さない。

  2. 寝ながら冷えとり。眠活にとっておきのアイテムはこれ

  3. 冷えとりと漢方。4つの冷え、あなたはどのタイプ?

  4. 子供の冷え

    夏こそ気を付けたい子供の冷え。体を温めて子供の心も穏やかに。

  5. 夏の冷えタイプ別、体を温める食べ物特集

PAGE TOP