注目の記事

冷えとりで妊活を応援!天然繊維の”妊活応援セット”


ninkatsuset

ninkatsuset_2妊活をきっかけに冷えとりを知った方も多いと思います。冷えとりの“冷え”とは冷え性のことではなく上半身と下半身の体温差のことを言います。内臓の集まる上半身は心臓を中心に37℃ほどあるのに対し、下半身は31度℃ほどと、常に体は冷えています。体が冷えているとめぐりが悪くなり、慢性的な体調不良や風邪を引きやすくなったり、婦人病をはじめ様々な不調の原因になることも…。冷えとりを通じて冷えを解消し、全身のめぐりを良くしましょう!

体を温めるグッズを集めた「妊活応援セット」で、おしゃれに冷えとり♪

1.冷えとり初心者さんはまずはコレ。「冷えとり基本の4足セット/ベージュ」

4足_ベージュシルクとウールの冷えとり靴下4足セットです。実はシルクは人間の肌に一番近い素材なんです。シルクの5本指靴下を1枚目に履き、次にウールの5本指靴下、更にシルクの先丸靴下、最後にウールのカバーソックスを重ねます。なぜ4枚重ねなのかと言うと、暖かいことはもちろんデトックス効果も期待できるから。シルクとウールは、足から出た汗や老廃物を外へ促す力が強い素材で、4枚重ねることによって更にその効果を得ることができます。

ベージュ着用  ベージュ

2.第二の心臓「すね」もしっかり温めて。「シルク&ウールレッグウォーマー/ミックスグレー」

レッグ(ミックスグレー)ファッションや普段の生活で馴染み深いレッグウォーマーですが、そのすごさをあなどってはなりません。すねやふくらはぎは感覚的にあまり冷えを感じない部分です。よって、冷えに気付かず一年中冷やしてしまっている人も…。すねやふくらはぎは腰や心臓に繋がるとも言われています。内側がシルク、外側がウールの二層構造になっていて素肌にも優しいレッグウォーマーでいつも温めることを意識しましょう。付けるだけで足湯をしているような暖かさを実感できます!

レッグ_ミックスグレー  レッグ_ミックスグレー2

3.腰まわりは特に気をつけて温めよう!「内絹外ウールはらぱん」

ハラパン(白)女性は男性と比べ臓器が多い分、特に腰まわりのめぐりが悪くなりやすいと言われています。意識していつも温めることが必要です。内側シルク、外側ウールのはらぱんは腹巻きとパンツが一体型になったもの。縫い目のない立体縫製(ホールガーメント製法)で体を締め付けないのにズレず、動きにもフィットする絶妙な着心地!一度穿くとその心地よさに病みつきになってしまうリピーターさん続出の商品です。非常に良く伸びるので、妊娠7ヶ月の妊婦さんも穿けました。

ninkatsuset_4 ninkatsuset_3

天然繊維の力で冷えを改善して欲しい。そんな想いで妊活応援セットは誕生しました。

ninkatsuset_5妊活とは、「妊娠についての正しい知識をつけ、自分の身体の状態を把握し、 妊娠するために前向きに活動すること。将来、自然に妊娠しやすくするための体作りや生活スタイルを整えること」と言われています。今は 7 組に 1 組のカップルが不妊の時代と言われています。 不妊の原因のひとつとされる身体の冷え。天然繊維の力で冷えを改善して欲しい。そんな想いを込めて妊活応援セットは誕生しました。ぜひ一度、自分の体の冷えを再確認してみてください。


冷えとり靴下と絹の肌着|くらしきぬの妊活応援セット

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 寝ながら冷えとり。眠活にとっておきのアイテムはこれ

  2. 冷えとりで眠活

    冷えとりで質の良い睡眠を…

  3. 冷えとり靴下

    むくみを引き起こす末端の冷え。体の不調を改善するために気をつけたいこと

  4. 梅雨になるとどんよりな「梅雨バテ」とその解決法って?

  5. わたしの冷えとりスタイルNo.2 おそのの場合

  6. おすすめの冷えとり本

    冷えとりを始めるときに必ず読んでおきたい!おすすめの本

  7. わたしの冷えとりスタイルvol.1・えびこの場合

  8. 粗塩

    冷えとりに欠かせない、半身浴にオススメの入浴剤

  9. シルクの優しさ

    今話題の冷えとり靴下って?健康や美容にもおすすめ!冷えとりのすすめ

PAGE TOP