注目の記事

妊娠中に冷えは厳禁!妊婦さんにこそオススメしたい冷えとり


妊婦と冷え

妊娠中、ママの体とお腹の赤ちゃんの無事な成長のために気をつけることはたくさんあります。
その中でも冷えは、引き起こす影響の種類が多い上、妊娠中の大きなトラブルにもつながると言われています。
必ず避けておきたいことの一つ、妊娠中の冷えについて、その原因と影響を紹介します。

妊婦さんが冷えやすい原因

女性ホルモンや自律神経の乱れ

女性ホルモン
そもそも女性は子宮や卵巣が骨盤に集まっている分めぐりが滞りやすく、男性に比べて冷えやすいと言われています。
それに加えて、妊娠中はつわりや大きくなるお腹で、普段の状態ではないためストレスも非常に感じやすくなります。
それにより女性ホルモンが乱れて血行が悪化したり、自律神経の乱れで血管が縮むことでさらに巡りも悪くなるのです。
なるべくストレスを溜めないよう、本人の気分転換などはもちろんですが周囲の助けが非常に重要です。


妊婦さんのお腹とお尻をやさしくあたためる
マタニティはらぱん|くらしきぬ

姿勢の変化

大きなお腹を支えたり、腰痛が起こることにより、どうしてもお腹を突き出すような姿勢になるため血行不良が引き起こされます。
もともとめぐりが弱い下半身は、この血行不良により簡単に冷えてしまうのです。

運動不足による筋肉量の低下

妊娠中はどうしても運動不足になります。筋肉量が低下すると筋肉運動による発熱や血流も下がるため、冷えやすくなるのです。
もちろん妊娠中の過度な運動はよくありません。

そんなときふくらはぎは、ぜひ積極的にあたためていただきたい部分。
「第二の心臓」とも呼ばれ、心臓に血液を送るポンプのような役割をしています。
すねやふくらはぎを触ったときにひんやりしていると、冷たい血液が全身にめぐってしまうことも。
しっかりカバーして、あたたかい血液をめぐらせましょう。



吸放出性と保温性に優れたシルク&ウール素材
レッグウォーマー|くらしきぬ

体感温度による、エアコンのかけすぎや薄着

エアコン冷え
妊娠中、特に夏の妊婦さんは暑くて暑くて仕方ない!といった方も多いのではないでしょうか。
妊娠中のホルモンの変化で発汗や動悸が起こったり、脂肪量が増えることにより暑いと感じるのです。
しかし、それは上半身が熱をおびているだけかもしれません。
足先を触るのと冷たい場合も。上半身と下半身の温度差が大きくなるということはそれだけ冷えも進んでいるということ。
暑くてエアコンをかけたり、薄着になるときは頭寒足熱を心がけてみてください。
上半身が涼しくなれば心地よいですし、下半身を温めても不快には感じないはずです。


天然繊維100%のぬくもり。
冷えとり靴下基本の4足セット|くらしきぬ

冷えによる妊婦さんへの影響

冷えによって妊婦さんに与える影響は様々な上、深刻化するものも。
引き起こす影響をよく知ることで、妊娠中の冷えを防ぐことの大切さを感じてください。
初期のつわりがひどくなり、人によっては食事を取れないほどになることもあります。
また、お腹が張りやすくなり切迫早産が懸念されます。
腰痛や便秘にもなりやすく、足がむくんだりつりやすくなったりします。
ただでさえ体調の変化で不安になりやすい妊娠中。冷えを取ることで一つでも改善したいですよね。

出産・産後への影響

妊娠中の冷えは出産や産後にも大きく関わってきます。
冷えが筋肉を固くすることで、痛みに敏感になり陣痛が弱くなることがあります。
本来強い陣痛により子宮口が広がりお産が順調に進むのですが、陣痛が弱いとお産が進みにくく時間がかかり難産になることも。
また、産後のママにとって重要な母乳にも影響が。
ママの血液から作られる母乳は、もちろんママが冷えていれば母乳も冷えてしまうのです。
母乳にも味があり、食事や体調により変化します。
赤ちゃんによってはおいしくない母乳だと飲むのを嫌がることもあります。

赤ちゃんへの影響

冷えとり 赤ちゃん
胎内が冷えていると赤ちゃんは暖かいところを探して動き回ります。
それにより、逆子になるリスクが上がるとも言われています。
逆子が治らず、逆子体操やお灸などされている方には冷えをとるということも試してみていただきたいと思います。
血流が悪いと赤ちゃんが十分に栄養が取れない可能性があります。
全てをへその緒から取り入れている赤ちゃんが、血管が縮んだり、血流が悪くなるとどうなるか。
安易に想像できますよね。
早産や流産のリスクを減らすためにも、妊娠中の冷えは大敵なのです。

妊娠中の冷えとりは強い味方


実は冷えとりでの安産体験談は非常に多いんです。
また、妊娠中のつわりも軽くなったという声も。
免疫力も下がり、体調をくずしやすい妊娠中だからこそ、お腹の赤ちゃんのためにも
体をいたわって過ごすことが大切です。
半身浴や足湯を行い、食事は体にいいものを腹8分目。
冷やさないように天然繊維の靴下を履く。
妊娠中、気をつけたいことが冷えとりにはつまっているのです。
笑顔で出産と育児を楽しめるよう、足元を温めることから始めてみませんか。


軽くてとってもふわふわの、はらぱんとはらまきのセットです
マタニティおなか安心セット|くらしきぬ


下半身をあたためて、お母さんにも赤ちゃんにも心地よい毎日を
冷えとり安産セット|くらしきぬ

 

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. お尻冷え

    油断しがちな、お尻冷え

  2. 冷えとりと美容タイトル画像

    冷えとりで感じる、美容にも嬉しい効果

  3. 冷えとり足元

    実はあなたも冷えている!?簡単自己診断

  4. 女性

    女性みんなに知ってほしい、子宮の冷えについて。

  5. あなたはどうですか?20代女性の気になる体調不良

  6. 気づいてる?見逃さないで!体の冷えてるサイン

  7. 基礎体温

    様々な不調に繋がる低体温

  8. 白湯

    冷え対策だけじゃない!改めて知る白湯の絶大なるパワー

  9. シルク 素材

    シルクの下着がなぜいいの?乾燥や敏感肌におすすめの3つの理由

PAGE TOP