注目の記事

油断しがちな、お尻冷え


お尻冷え特集

しっかり冷え対策しているはずなのに、ふとお手洗いに行った時、自分のお尻が冷たいことに気づく方も多いのではないでしょうか。
もし、感じたことがない。という方は、ぜひ一度お尻に手を当ててみてください。
お尻から太ももにかけて、冷たくなっていませんか?

お尻が冷える原因

お尻冷えお尻の冷えの原因にはいくつか考えられるものがあります。
まずは、お尻の筋肉量が少ない事。もともと脂肪は冷えやすく、また冷えている箇所に脂肪がつきやすい。とされているため、筋肉がすくないお尻は冷えの悪循環に陥っている可能性があります。

もう一つはオフィスワークなどで長時間座った姿勢でいることで、お尻の血流が圧迫されて巡りが悪くなってしまうため。座ったままで運動量も下がるため体全体の巡りが悪くなり、足元は靴下などで改善しても、一番圧迫されるお尻が内側から冷えてしまう場合があるのです。

そのほかにも、内臓が冷えてしまっていることが原因とも言われています。女性は特に子宮や卵巣など、冷えが不調に直結してしまう臓器がお腹やお尻周りにあるため、昔からお腹やお尻を冷やしてはいけない!と言われているのです。

お尻の冷えを改善するには

運動が一番

ストレッチ筋肉量の少なさで冷えてしまっている場合にはやはり運動が一番効果的です。
うつ伏せになって足を伸ばしたまま上に上げるエクササイズや、直接足からお尻までしっかりとマッサージすることも血流が良くなるコツです。

クッションを活用して

クッション 椅子オフィスでの仕事中にはなるべくおしりを圧迫しないよう柔らかいクッションや座布団などを使用するのも効果的です。
休み時間は少し席を立って動くようにも心がけたいですね。

半身浴で冷えたい策

お風呂すぐに温めるには、半身浴でしっかりと時間をかけて芯から温めることが大切です。もちろん上がった後は足元と同じくしっかりと重ねばきをして保温してあげてください。

常にあたたかさを保つことが大切

はらぱん

腹巻とカバーパンツが一体になったはらぱんなら、お腹から太ももまでしっかりと包んで、せっかく温めたお腹周りを冷えから守ることができます。

最近よく知られるようになったふんどしパンツもオススメです。鼠径部を締め付けないので、お尻周りの血流を妨げません。

お尻冷えは女性の大敵!

お尻の冷えは、生理痛や便秘だけでなくホルモンバランスの崩れから、肥満や不妊の原因になるとも言われています。
気にしたことがなかった方も、気になっていたけど特に対策していなかった方も、今日からお尻の冷えに注意してみてください。
お尻の冷えは、根本的な体の中からの冷えを見つけるサインでもあるようです。

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 冷えをセルフチェック

    あなたは冷えている?自分で触って簡単にチェック

  2. 妊婦と冷え

    妊娠中に冷えは厳禁!妊婦さんにこそオススメしたい冷えとり

  3. むくみ

    体の不調はむくみから?実は多い夏のむくみ改善法とは

  4. 冷えとり めんげん

    靴下のやぶれた場所で毒出しされた場所がわかる!冷えとりとめんげんのお話。

  5. 子供 風呂

    今日からできる、親子ではじめる冷え対策

  6. 冷えとり足元

    実はあなたも冷えている!?簡単自己診断

  7. 妊活と冷えとり

    妊活中に知っておきたい、冷えとりの事。

  8. シルク 素材

    シルクの下着がなぜいいの?乾燥や敏感肌におすすめの3つの理由

  9. 冷えとりと美容タイトル画像

    冷えとりで感じる、美容にも嬉しい効果

PAGE TOP