注目の記事

冷え対策だけじゃない!改めて知る白湯の絶大なるパワー


「白湯は体にいい」と言われていますよね。

体にいいことは知っているけれど、具体的にどんな風に体にいいのでしょうか。

改めて知りたい!白湯のスゴさ。

白湯はインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」でも毎日飲むことを推奨しており、体のデトックスを促してくれたり、
代謝を高めてくれるので冷え性やダイエットにも効果があるとされています。

代謝のアップは免疫力の向上にもつながり、病気の予防にも。
肌が綺麗になったり、お通じの改善にも効果が期待できます。

どうやって作るの?正しい白湯の作り方

さて、白湯の正しい作り方ですが、一日で飲む量を一度で作ります。
できればミネラルウォーターを使い、大きなヤカンでたっぷりと沸かし、
火のエネルギーを取り入れるため電気ポットなどでなくガスレンジなどの火を使って沸かします。

また、換気扇を回し風のエネルギーも取り込みましょう。
沸騰したらヤカンにふたを取り、お湯に風のエネルギーを取り込んで、火を少し弱め、
大きい泡がボコボコとするような火加減で更に1015分程更に沸かします。水が減っていたら継ぎ足します。
カップに入れ50度くらいになるように冷ましましょう。

残りはポットなどに入れ保温しておきます。

白湯を効果的に飲む!

さて飲み方ですが内臓を温めて飲むようにゆっくりすすりながら飲みましょう。
ゆっくり飲むことで内臓の老廃物が外に押し流されやすくなるそうです。

朝の目覚めの一杯や寝る前には体をじんわりと温めてくれ、食事時にも白湯はおすすめ。
一杯ほどの白湯を食事と一緒に飲むことで消化を助けてくれるそう。

体にいい白湯ですが、飲み過ぎには要注意。

飲みすぎてしまうと内臓が活発になりすぎて、頻尿になり、腎臓の負担が増えてしまったり、むくみの原因にも。
また必要な栄養素まで流してしまう恐れがあるため一日に飲む量は800mlまでぐらいにしておきましょう。

白湯は体内に毒素が溜っていいる人は苦味を感じ、体調が整ってくるとほんのり甘く感じてきたりするそう。
また、白湯を飲み続けることで食品添加物や人口甘味料などで麻痺してしまった味覚も研ぎ澄まされ、蘇ってくるといったことも。
味覚が研ぎ澄まされることでダイエットにも効果があるといわれています。

白湯の絶大なるパワーを知ったなら、すぐ実行!

冷えとりしている人もしていない人も体のめぐりは気になります…
白湯を取り入れることで、色々なメリットがあるのですね。

リラックスタイムに活躍する小物たち

ブランケットなどで下半身をあたためながら
落ち着いたゆったりとした気持ちで白湯を少しずつ飲んで。

空気をふんわりと包み込む、優しい肌触りのシルクのブランケット
詳しくはこちら

自然なあたたかさが心地よく、体と心をほっと癒す湯たんぽ
詳しくはこちら


冷えだけじゃなく、根本的な体を整えてくれるので
体にとてもおすすめな白湯。

ぜひ生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

くらしきぬ 株式会社クラビズ / 〒710-0041岡山県倉敷市五日市70-1 tel 086-424-8686 info@kurashikisilk.jp

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 寝ながら冷えとり。眠活にとっておきのアイテムはこれ

  2. からだにもやさしい自然のめぐみ〜天然繊維〜

  3. 冷えとり靴下

    むくみを引き起こす末端の冷え。体の不調を改善するために気をつけたいこと

  4. osono

    わたしの冷えとりスタイルNo.2 おそのの場合

  5. 妊活中に感じた、私の冷えとりライフスタイル

  6. 腰

    そけい部を開放して、めぐる体づくりを。

  7. 女性みんなに知ってほしい、冬の冷え対策の大切さ。

  8. 半身浴

    正しい方法で半身浴できていますか?

  9. 冷えとり足元

    実はあなたも冷えている!?簡単自己診断

PAGE TOP