注目の記事

さらりとすこやかに身体をあたためる、梅雨冷え対策。


梅雨は、むしむしするので「暑い」と感じる方が多いのではないでしょうか。
しかし、オフィスや公共施設で冷房をフルに使い始めるシーズンであり、雨汗で濡れた身体をそのまま冷房に当てることで身体は冷えぎみに。
また、じっとりと汗ばんでいるからこそ冷たい飲み物などを取りすぎて、内側から身体を冷やしてしまうことも多いようです。

今回はそんな湿度の高いこの時期も、さらりとすこやかに身体をあたため気候の変化に負けない身体づくりを応援する、くらしきぬアイテムのご紹介です。

 

 1.内側シルクレギンス

内側の肌にふれる面がシルクになるようにこだわりぬいた設計です。
そのため肌寒い日はほっと温もりが広がり、暑いときはさらりと快適。
足首まわりのゆとり感や股ぐりの縫製にこだわり、ストレスフリーな穿き心地を実現しました。
雨の日のレインブーツと相性◎なアイテムです。

詳細はこちら

 

2.[羽衣] シルク100% / レギンス

上質なシルク糸で編み立てた生地はしっとりと身体を包み込みます。
国内工場でやわらかい縫い糸を使い丁寧に縫製し、出来る限り刺激を抑えました。
シルクの心地よさをダイレクトに感じていただける一品です。
通常インナーとしてご着用いただくタイプですが、裾のメロー加工がポイントなので今回のように少しのぞかせるコーディネートも楽しんでいただけます。

詳細はこちら

 

 3.シルク&リネンアームカバー
 

リネンは汚れにくく速乾性にも優れているといわれており肌を清潔に保つ効果も期待できる、夏にぴったりな素材。
シルクのしなやかさも加わり、快適な肌ざわりです。
梅雨冷えだけではなく紫外線対策にもおすすめ。
かさばらないので、持ち歩きにも◎です。

詳細はこちら

 

4.夏はらぱん

エアコンの冷気にふれたり、冷たい食べ物をよく口にしがちな季節にこそ、腰まわりを冷やさないようにしてほしい…という想いから生まれた夏はらぱん。
肌にふれる面はシルクの優れた保温性、外側コットン&リネンの吸湿と放湿性で、汗や蒸れが気になる季節も快適に腰まわりを冷えから守ります。
無縫製の立体編み機で縫い目なく編み立てているので、体にきれいにフィットします。

詳細はこちら

 

5.[絹がさね]シルク&ウール/タンクトップ

内側シルク・外側ウール素材のやさしい生地を使用しました。
ウール混だと一見夏は暑いように感じますが、放湿性に優れているので蒸れや汗冷えを防ぎます。
生地が厚くなった部分はかゆみを感じやすいですが、襟ぐり、袖ぐり部分にもシルク生地を使用し、さらりと快適な着心地を実現しました。
天然繊維100%ならではのランダムなメロー感がポイント。
見えないところも可愛らしく身に付けていて少し嬉しい気持ちになれるような、ひそかなこだわりがあります。

詳細はこちら

 

6.シルク5本指靴下

上質な絹糸を使用し、ゆったりと編み上げています。
冷えとり以外でも靴下のインナーとしてご着用いただくと、この時期特に気になる足のニオイや蒸れが軽減されるとっても優秀な靴下です。
足先までシルクのなめらかな肌触りで、一日中快適にお過ごしいただけます。

詳細はこちら

 


梅雨の時期は、ちょうどこれからの夏の暑さに対して身体が準備をしている期間。
本格的な夏バテを起こさないよう、身体の巡りを良くし体調を整えましょう。

冷えとり靴下くらしきぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. おすすめの冷えとり本

    冷えとりを始めるときに必ず読んでおきたい!おすすめの本

  2. 冷えとりで眠活

    冷えとりで質の良い睡眠を…

  3. 妊婦と冷え

    妊娠中に冷えは厳禁!妊婦さんにこそオススメしたい冷えとり

  4. 改めて知るシルクの効果と、ベタつく季節におすすめのアイテム

  5. シルク 素材

    シルクの下着がなぜいいの?乾燥や敏感肌におすすめの3つの理由

  6. 子供の冷え

    夏こそ気を付けたい子供の冷え。体を温めて子供の心も穏やかに。

  7. 続く残暑におすすめ、初秋の冷えとりコーディネート

  8. 秋の冷えとりファッション

    秋の冷えとりファッション 2017

  9. 赤ちゃん

    冷えとりで妊活を応援!天然繊維の”妊活応援セット”

PAGE TOP