冷えとり靴下くらしきぬを作ったわけ

岡山県倉敷市で子育てをしているママ友たち。
それぞれが二人目の妊娠中に冷えとりに出合いました。

主に実践していたのは、半身浴、靴下の重ね履き、足湯。
下半身を温めるととっても気持ちが良く、なんとなく心も穏やかに。
そして、笑顔の時間が増えました。

驚いたことはお産が軽くすんだこと。
冷えとりをしていなかった時のお産と比べると、その違いにただただ驚き、
冷えとりの素晴らしさを再確認しました。

すっかり冷えとりに心奪われた私たちは、
「もっとシルクの靴下が長かったら良いよね。」
「綿より断然ウールだよね。」
「かわいいカバーソックスがないかなぁ。」
と日常的に冷えとり靴下の話をするようになっていました。

そして、「自分たちのこだわりを詰め込んだ理想の靴下を作りたい!!」
と思い立ったのがくらしきぬの始まりです。
月日は流れ、今は特別冷えとりを意識することなく、日常生活の中に頭寒足熱が根付いています。

みなさまにも冷えとりの心地良さとくらしきぬの温もりが届きますように…
そんな願いと共に、母のような優しさと温もりのあるショップを目指しています。

くらしきぬが出来るまで

靴下工場の方と初めての打ち合わせ

靴下工場の方と打ち合わせ

現在くらしきぬの靴下を作ってもらっている
靴下工場の方と初めての打ち合せ。
それぞれの靴下の長さや、編み目の数、履き口の緩さなど、
思いの全てをぶつけました。
きっと靴下工場の方は困ったに違いありません(笑)
でもそれだけ熱意があったという事だと思います。

サンプルが出来上がりました

靴下工場の方と打ち合わせ

初めてのサンプルがあがってきました。
しかし、うまく思いが伝わってなかったのか、
改善点をかなり多く持ち帰ってもらうことに…。
でも、妥協はしたくありません。

冷えとりガールズの連載が始まりました

冷えとりガールズ

地元・倉敷の情報誌「Classs」にて、
冷えとりガールズという名前で連載が始まりました。
どうやって靴下の重ね履きをするのかなどをお伝えしました。
冷えとりを知らない方から多くの反響をいただきました。

冷えとり靴下の最終サンプルが出来上がりました

冷えとりガールズ

何度も妥協せずに改良を重ね、サンプルを作り、
やっと納得のいく靴下が出来上がりました。
自分たちもこの靴下を実際に履き、何度も洗濯をして、
皆様に喜んでいただける商品かを確認しました。

実際に冷えとり靴下の生産が始まりました

冷えとりガールズ

写真の機械は実際にくらしきぬの靴下(カバーソックス)を
編んでいるものです。
販売開始に間に合うようフル稼働していただきました。

くらしきぬの原点は、基本の4足セットです。

冷えとり靴下基本の4足セット

シルク5本指靴下
ウール5本指靴下
シルク先丸靴下
ウールカバーソックス
冷えとり靴下くらしきぬの配送料金

営業カレンダー

2017年12月の休業日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※赤字は休業日

定休日:土日祝
12月の臨時休業日:13日(水)、14日(木)、28日(木)、29日(金)