冷えが怖いと身を持って知った教訓。

「冷え」はなめてるとコワイ。
それが、私の得た教訓です。

大変しつこい冷えに悩まされるようになったきっかけは、
数年前の梅雨の時期のことでした。

e1a73d957dac5b4607b0dd6ed99f8cc2_s

すでに、気温は夏に近く服装もそれなりの薄着になっている、
そんな中で梅雨の時期は一時的に気温が上がらず、
それでいてお店の中は冷房が効いていたりする、
これが要注意なのです。

あるカフェで、座っている左脚の膝あたりにまともに
冷房の風を受け続け、その時しっかりと冷えがそこに
入ってしまったのでしょう。
それ以来、何年も左脚のひざあたりに冷えを感じ続けるように
なってしまったのです。

気がつくと、手で左脚の膝をくるくるとさすっている
まるでおばあちゃんのような状態であります。

そのため、レッグウオーマーが膝にあてるのが、
欠かせなくなりました。

何年も何年も一年中そうやってひざをかばい続け、
そもそも冷えに弱いからだですので、
服装、食べ物はもちろん、ツボ刺激をしたり、
漢方薬を飲んだり・・・。
いろいろな手段を使って冷えと戦い続け、ようやく最近、そういえば以前ほど
膝の冷えを感じなくなってきたなと実感できるようになったのです。

冷えはいったん入ったら、なかなか抜けないもの。
油断は禁物です。



■冷えを身体に入れないために■
ブログに戻る