製品のお手入れ方法

 

ふれた瞬間、肌がよろこぶ天然素材。

 

天然素材は心地よい肌ざわりで、靴下や肌着に適している一方、
自然由来であるがために、「摩擦」「湿気」「直射日光」に弱いという弱点も。
お手入れには、少しだけ手間と気遣いが必要です。

 

しかし、一度正しいお手入れ方法を身につければ、
むずかしいことはありません。

 

日々のお手入れで、ひとつの製品をより長く、
愛着を持ってお使いいただけたらうれしいです。

正しいお洗濯方法でより長持ちします

くらしきぬの製品は、基本的に手洗いによるお洗濯をおすすめしています。
※一部、洗濯機で洗えるものや、ウェットクリーニング不可のものもございます。

こちらでは基本的な手順や注意したいポイントをご紹介。
製品によってお取り扱い方法は異なりますので、お洗濯前に、必ず製品に付いている洗濯表示をご確認ください。

Step1:洗う

洗い桶に25~30℃の水を入れ、適量の中性洗剤(蛍光剤無配合のもの)を溶かします。
水が熱すぎたり冷たすぎると繊維が傷む原因になりますので、水温にご注意ください。

製品を入れ、やさしく押し洗いをしてください。
強くもんだりこすったりすると、繊維の縮みやゴワつきに繋がります。

Step2:すすぐ・脱水

25~30℃のたっぷりの水で、押し洗いをしながら2~3回すすいでください。

すすぎ終わったら軽く手で脱水し、横にやさしく伸ばすように形を整えます。
タオルにはさみ、端から丸めて脱水してください。
シワや型崩れを防ぐため、ねじって脱水しないようご注意ください。

Step3:形を整え、陰干しする

脱水ができたら、再度形を整えて、陰干しをしてください。
直射日光に当てると変色や劣化に繋がりますので、ご注意ください。
型崩れ防止のため、できる限り平干しがおすすめです。

Step4:保管

湿気はカビや虫の発生を招きます。
しっかり乾かして、風通しがよく涼しい場所に防虫剤と一緒に収納してください。
日光の当たる場所で保管すると、変色や劣化の原因となりますのでお控えください。

こんなときはどうすればいいの?

Q. 手洗い以外の方法はありますか?

製品を長持ちさせるためには、やはり手洗いが一番です。しかし少しでも手間を減らしたいという方には、洗濯ネットに入れ、蛍光剤無配合の中性洗剤を使用し、洗濯機のおしゃれ着コースでのお洗濯がおすすめです。

ただし、洗濯機ですと製品の劣化が早まりますので、お気をつけください。洗濯機を使用する際も、乾燥機のご使用はお控えください。

Q. 冷えとり靴下はどれくらいの頻度で洗えばいいですか?

冷えとり靴下の重ね履きは、足から出た汗などを外へ外へと送り出します。清潔を保つために、何枚目に履く靴下であっても、履くたびのお洗濯がおすすめです。

Q. ウールの製品を洗ったら縮んでしまいました。

ウールは水・摩擦によって非常に縮みやすい素材です。25~30℃の水温を守り、なるべくもみ洗いしたりゴシゴシ強く洗わないよう、お気をつけください。

Q. 着用を繰り返すうちに毛玉が出てきてしまいました。

正しいお洗濯方法を行っていても、着用とお洗濯を繰り返すことで摩擦が生じ、毛玉(ピリング)は発生してしまいます。毛玉を防ぐために、なるべく連続着用はお控えください。

毛玉ができてしまった場合は、指でつまんで取らずに、毛玉取り器やハサミで毛玉を取り除いてください。

Q. はらぱんを穿くと静電気が発生してしまいます。

はらぱんに使用しているウールは、肌や体毛との摩擦による静電気は比較的起こりにくいですが、合わせていただくお洋服にマイナスの電気を帯びやすい”アクリル”や”ポリエステル”が多く含まれていると静電気が起こりやすくなります。
合わせるお洋服の製品タグ等で、素材をご確認いただけますと幸いです。

※絹や麻などの天然繊維は元々帯電しにくい素材です。