【春の贈り物に】季節を添えるミニブーケがおすすめ/ゆったりはらぱんが再入荷

こんばんは、くらしきぬです。
いつもくらしきぬをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。


本日3月4日は、七十二候で「草木萌動 (そうもくめばえいずる)」。春のおだやかなひだまりに誘われて、草花が芽吹き始める頃です。


春は不思議と心がウキウキする一方、出会いと別れの季節でもあります。

さらに、来たる3月8日は「国際女性デー(ミモザの日)」といわれる、女性に感謝を伝える日。

何かと「ありがとう」を伝える機会の多い季節に、贈り物におすすめのアイテムをご紹介します。

■贈り物と一緒に「季節を添えるミニブーケ」


色とりどりの花束は、いくつになっても何度もらってもうれしいもの。
お気に入りのくらしきぬアイテムと一緒に、季節を感じるミニブーケを贈りませんか?

ご注文をいただいてから、ドライフラワー・スワッグ専門店「土と風の植物園」さんにお作りいただきます。



ドライフラワーは、パサパサで茶色のイメージがあるかもしれません。しかし「土と風の植物園」さんでは、できる限り「フレッシュさ」を感じられるよう、もっとも美しい状態の生花を乾燥させ、お作りしています。

お水を必要としないため、忙しい日々で生花のお世話が難しい方にもおすすめです。
もちろん、ご自宅用としてもぜひ。

>>>「季節を添えるミニブーケ」の詳細を見る




■季節限定!「春を告げるギフトラッピング」



春の訪れを感じたときの喜びをイメージして、春限定のギフトラッピングをご用意しました。

「春を告げる花」とされているミモザのイラストと「Thank you always」と記したカードを添えて、麻紐でお包みします。

>>>「春を告げるギフトラッピング」の詳細を見る




\贈り物におすすめのくらしきぬアイテム/
■気軽に冷えとりをスタートできる「お手軽重ね履き 冷えとり靴下2足セット」


「靴下の重ね履きは温かそうだけど、4枚重ねるのには勇気がいる…」
そんな方に重ね履きの心地よさを実感していただけるようご用意した、2足の重ね履きセットです。

冷えとり初心者さんにも気軽にお試しいただける、おすすめのアイテムです。



カラーバリエーションも豊富なため、大切な人の好みを想像しながら選ぶ時間も楽しいです。

>>>「お手軽重ね履き 冷えとり靴下2足セット」の詳細を見る




■身に着けるたび、心はずむ「彩りはらぱん」


「はらぱん」は外から見えるものではありませんが、せっかくなら身に着けるたび「かわいい!」と気分が上がるものを。

通常の「はらぱん」よりもやや薄手で軽やかな着心地ですが、冷えやすいお腹とお尻まわりをやさしく温めます。



どんなときも心は春のうららかな陽気を感じていただけるよう、春をイメージした「たんぽぽ」「つばめ」「風薫る」の3色をご用意しております。

>>>「彩りはらぱん」の詳細を見る




\再入荷のお知らせ/
■お腹まわりが気になる方に「はらぱん ゆったりタイプ」


通常の「はらぱん(ショートタイプ)」と比べて、全体的にゆったりとしたサイズ感。

はらぱんの心地よさはそのままに、より締め付けを感じにくいよう、腹巻部分の幅を狭め、ふっくらと丸みを持たせて編み立てました。

>>>「はらぱん ゆったりタイプ」の詳細を見る



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【今週の余談】久しぶりにあの子に連絡してみよう

この頃は気になるコンテンツが溢れかえっており、NetflixやAmazonプライムに加えて、
今月限定でDisney+とAbemaTVまで入ってしまいました…(「今月限定!」と強く自分に言い聞かせています)。

AbemaTVは、友達の間で話題になっていたドラマ『30までにとうるさくて』が観たくて契約、まんまとハマってしまいました。
仕事に恋に友情に奔走する女性の物語は、どうしてこうもドラマティックで惹かれてしまうのでしょう…。
そんな生活からはすっかり離れてしまいましたが、女友達で集まってワインを開けながら延々とおしゃべりした時間を思い出し、恋しくなりました。

人生が進むにつれて、生活も住む場所も大事にしたいものもバラバラに変化していく、私たち。
20代半ばくらいまでは、電話一本で会えるような距離に住み、女友達より信じられるものなんてなかったはずなのに。
ほんの寂しさは確かにありますが、それぞれが”らしい道”を進むことで、陰ながら彼女たちの存在に支えられていたりします。

3月8日は「ミモザの日」。
この日は「女性に感謝を伝える日」とも言われていますが、顔が浮かんだ日が吉日だと思って、久しぶりにあの子に連絡してみようと思います。
本日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

それでは、思い思いの週末をお過ごしください。


くらしきぬ ぶんより
ブログに戻る