「楽しそう」ではじまるサステナブル。くらしきぬはできるだけ自然の恵みをむだにしません。

「楽しそう」ではじまるサステナブル。くらしきぬはできるだけ自然の恵みをむだにしません。

くらしきぬは、お客様に高品質の製品をお届けするために
高い技術力を持った工場の協力をいただきながら
厳しい品質基準を設けております。

 

しかし製造過程でどうしても規格外品をゼロにすることは難しく、
着用するにあたり問題はないのにも関わらず捨てられてしまう製品がありました。

工場で廃棄されてしまう製品を目のあたりにしたとき、
自然環境を大事に想う、くらしきぬのお客様の存在が心に浮かびました。

 

信頼する工場とお客様と一緒に
よりよい生産・消費活動を行うことはできないかと考え、
くらしきぬでは、このたび規格外品の販売をスタートいたします。

そして規格外品による売上の20%相当を
自然環境保全に繋がるアクションに活用いたします。

※対象商品は、人気シリーズ「はらぱん」。お客様は製品購入時に、正規品か規格外品かをお選び頂けます。

 

大切にしたかったのは、
お客様にとっても、社会にとっても「ちょっといいこと」になること。

誰かに言われて「やらなければいけない」のではなく、
自分自身の感覚と意思を大切に選び
「楽しそう」だったり「うれしいな」と明るい気持ちになれること。

 

規格外品を選択した方は、
さらに下記2つの選択肢からポジティブアクションを選べます。

1

ダーニングにチャレンジする

ダーニングにチャレンジする
ダーニングに必要となる「ダーニングマッシュルーム」をお届けします。

ダーニングとは、衣類の穴あき等を修繕するヨーロッパ発祥の修繕方法。

くらしきぬでは、一度お買い上げいただいた製品に愛着を持って、なるべく大切に長く使っていただきたいという想いから、穴が空いてしまった製品のダーニングをおすすめしています。
「サステナブル(持続可能)」な取り組みは、楽しいことしか続かないと思っています。

誰に押し付けられるわけでもなく、「楽しそう」という些細な興味が行動となり、
巡り巡って自然環境の保全に繋がればと願っております。


くらしきぬスタッフも先日ダーニングに挑戦しました。

慣れない裁縫に苦戦しつつも、より愛着を持てる靴下が完成しました。
ぜひこちらの記事もご覧ください。

▼記事を読む
スタッフがダーニングに挑戦!穴が空いた靴下も、手間をかければもっと愛おしく


参考になる本はもちろん、インターネット上にも解説記事や動画がたくさんあります。
気になった方はぜひ試してみてくださいね。

そしてもしよろしければ、
SNSでハッシュタグ「#今日のちょっといいこと」を付けて、
完成したダーニングの製品を教えて下さい。
2

瀬戸内オリーブ基金に寄付する

瀬戸内オリーブ基金に寄付する
瀬戸内オリーブ基金とは、瀬戸内海エリアの美しい自然環境を守り再生するための活動基金。

くらしきぬでは、製品の製造や配送過程でどうしても温室効果ガスを排出してしまいます。

ゼロにすることは難しくとも、温室効果ガスの吸収量を増やし地球への環境負荷を抑えるために、植林活動を行う瀬戸内オリーブ基金の活動に寄与できないかと考えました。
くらしきぬは、ブランドフィロソフィ―として「目の前の景色を大事にしたくなるものを」を掲げています。

地球規模の課題を見据えながら、くらしきぬの地元である倉敷市が面する瀬戸内海の美しい景色を守りたいと考えています。

瀬戸内オリーブ基金Webサイト

ご購入いただいた価格の20%を、くらしきぬが責任を持って寄付いたします。
寄付額の集計を行い後日寄付額を公開いたします。
3

対象製品は「はらぱん」シリーズ

対象製品は「はらぱん」シリーズ
対象製品は、今後徐々に広げていく予定ですが、まずは「はらぱん」から。
(大人用はらぱんのショート、ハーフ、ロング)

”規格外品”とはいえ、お客様にお送りする製品は、着用するにあたり問題はないものをピックアップいたします。

今後、徐々に対象製品を広げていく予定です。

はらぱん(腹巻パンツ) ショートタイプ

はらぱん(腹巻パンツ) ハーフタイプ

はらぱん(腹巻パンツ) ロングタイプ

お客様ひとりひとりの些細な関心が巡り巡って、
自然環境の保全に繋がることを願っています。