商品情報にスキップ
  • ウール
  • シルク
  • メンズ
  • レディース
  • 日本製

冷えとり靴下 基本4足セット〈しっかりタイプ〉

カラー
通常価格 ¥6,050
通常価格 セール価格 ¥6,050
SALE SOLD OUT (税込)

くらしきぬの冷えとり靴下は、シルクとウールの重ね履き

「これから重ね履きを始めたい」そんなあなたにおすすめなのが、冷えとり靴下 基本4足セット。
シルクとウールの組み合わせで天然繊維の心地よさを実感していただける、くらしきぬの定番アイテムです。

◎シルクは、人間の肌に一番近い素材
18種類のアミノ酸を含むタンパク質でできたシルクは、人間の肌に最も近い繊維といわれています。
アトピーや傷口の治療にも用いられ、触れた瞬間、しっとりと肌に馴染みます。
◎なぜ、綿ではなくウールが良いの?
冷えとり靴下はシルクと綿の靴下の重ね履きが一般的ですが、くらしきぬはシルクとウールの冷えとり靴下をおすすめしています。

ウールの強みは何よりも優れた保温性。
また吸湿性がありながら、綿よりも放湿性に優れている素材です。
そのため、ウールが汗などの水分を吸湿しても、肌に触れる部分はベタベタせず快適に過ごせます。

いくつもの靴下を履き比べ、シルクとウールの組み合わせが最適だという答えに辿り着きました。

◎4枚それぞれの長さにこだわりました
1枚目のシルク5本指靴下はシルクが肌に触れる面を増やすために、4足目のカバーソックスも全体をカバーできるように、一般的な冷えとり靴下よりも長めにつくりました。
すっぽりと脚元を包み込んでくれるため、安心感がちがいます。

履き口の締め付け感を軽減させるために、4足それぞれ違う丈の長さになるようにも工夫しました。

冷えとりを実践しているスタッフだからこその細かなこだわりを詰め込んでいます。

2022年秋の新色「あさぎ」

今年の秋色として、「あさぎ」が加わりました。

「あさぎ」は漢字で書くと「浅葱」。
葱の葉を薄めたような緑がかった青色を指し、日本の伝統色です。

秋冬にぴったりなホワイトやブラウンなどの色味との相性もよく、これからの季節をきっと新鮮に彩ってくれるはずです。

冷えとりをしながら、コーディネートを楽しんでいただけます

冷えとり靴下とは、シルクと天然繊維の靴下を交互に重ねて履く靴下です。

基本は4枚重ねて履き、体調の変化に合わせて履く枚数を調整します。
シルクの上に重ねる靴下は綿が一般的ですが、くらしきぬではウールを重ねることにこだわりました。
違う素材を交互に重ねることで、足から出た汗などを外へと送り出します。
繊維が重なり空気の層ができるので、吸湿してもべたつかず、しっかりと温めることができます。

くらしきぬの冷えとり靴下は、「冷えとり靴下は履きたいけど、おしゃれも楽しみたい」という方のために豊富なカラーバリエーションをご用意しました。

心身をすこやかに保つために、おしゃれを我慢する必要はありません。
まずは基本4足セットから始めませんか?

長さにこだわった1枚目のシルク5本指靴下

重ね履きの1枚目に履いていただく靴下です。

18種類のアミノ酸を含むタンパク質でできたシルクは、人間の肌に最も近い繊維といわれています。
アトピーや傷口の治療にも用いられ、触れた瞬間、しっとりと肌に馴染みます。

皮膚のトラブルやアトピーなどのお悩みがある方で、シルクなどの天然繊維を身につける方は多いですが、冷えとりをはじめてから症状が改善されたというエピソードもあるようです。

一般的なシルク5本指靴下は、30~40cmのものが多いですが、くらしきぬのシルク5本指靴下は試行錯誤を重ねて46cmに。
なめらかなシルクがたっぷりと肌に触れるよう、長めのつくりにこだわりました。

2枚目と4枚目には温かいウール素材を選びました

冷えとり靴下の2、4枚目に多くみられるのが綿。
しかし、くらしきぬは保温性の違いからウールを選びました。
ウールは綿よりも価格は高くなってしまうのですが、この温かさは一度履くと忘れることができません。

綿は繊維全体で水分を吸収するのため表面が湿った状態になると乾きづらく、その湿気で逆に汗冷えを起こしてしまうことも。
ウールの表面は水をはじく性質があり、皮質部分には吸湿性があります。
そのため、一度湿っても汗などの水分を発散して、肌にふれる部分はベタベタせず快適に過ごすことが出来ます。

履き口が重ならないよう、丈の長さを変えました

靴下を重ねて履くと、どうしても履き口のゴムが重なってしまったり、締め付けでかゆみを感じてしまうことがあります。
くらしきぬのスタッフ自身がそう感じていたこともあり、開発する上で必ず改善したいポイントでした。
サンプル作成と修正を何度も重ね、完成したのがこちらの4足セットです。

1枚目のシルク5本指靴下はシルクが肌に触れる面を増やすために長めにし、2枚目のウール5本指靴下、3枚目のシルク先丸靴下は履き口をできる限りゆるく編み立て、重ならないよう工夫を。そして4枚目のウールカバーソックスは、すべてのインナー靴下を包み込むよう長めの47cmで仕上げました。

すっぽりと脚元を包み込んでくれるため、安心感がちがいます。

足先まで温まります

サーモグラフィーで、基本4足セットの着用前と着用後の温度を比較しました。
着用から30分後、未着用の左足に比べて右足の温度は+1.5℃に。

ここで注目すべきは足の指先まで温まっていること。
シルクとウールの5本指靴下を重ねているからこその成果です。

*左足(未着用)33.5℃/右足(着用後)35℃
*女性が着用した結果(個人差がございます)
*使用測定器:赤外線熱画像測定装置(サーモグラフィ)

※2020年冬に、冷えとり靴下の「シルク5本指靴下」、「ウール5本指靴下」の履き口をリニューアルいたしました。従来品は中に織り込む形でしたが、足への締め付けを軽減するために、履き口をよりゆとりある形に変更しております。

サイズ・素材・お取り扱い
について

素材
シルク5本指靴下:シルク 100%(履き口のみゴム使用)
ウール5本指靴下:ウール 100%(履き口のみゴム使用)
シルク先丸靴下:シルク 100%(履き口のみゴム使用)
ウールカバーソックス:ウール 100%(履き口のみゴム使用)
サイズ
<シルク5本指靴下>
フリー(22~27cm)/かかとなし
長さ:約46cm(つま先から履き口まで)

<ウール5本指靴下>
フリー(22~27cm)/かかとなし
長さ:約40cm(つま先から履き口まで)

<シルク先丸靴下>
フリー(22~27cm)/かかとなし
長さ:約38cm(つま先から履き口まで)

<ウールカバーソックス>
フリー(22~27cm)/かかとなし
長さ:約47cm(つま先から履き口まで)
取り扱い方法
・シルク5本指靴下は、自然の風合いを守るため着色を行っておりません。加工の工程が少ないため、紡績時に混ざり込んだシルクのカスなどが落ちず、製品によっては汚れのように見えるものがございます。予め、ご了承くださいませ。
・シルクは天然繊維です。お取り扱いには十分お気をつけください。
・蛍光剤無配合の中性洗剤で手洗いをしてください。
・漂白剤、乾燥機、柔軟剤のご使用は避けてください。
・洗濯で多少の縮みや毛玉が生じることがございます。
・形を整えて陰干ししてください。
・黄変のおそれがあるため、直射日光を避けて保管してください。
・淡色、白物と一緒に洗うと色が付くことがあります。他のものと分けて洗ってください。
・着用時の摩擦で色移りすることがありますのでご注意ください。
・天然素材のため、季節やロット等によりサイズが多少前後することがございます。